元ソビエト連邦大統領、ミハイル・ゴルバチョフ氏が眠る墓(写真=AFP/アフロ)
元ソビエト連邦大統領、ミハイル・ゴルバチョフ氏が眠る墓(写真=AFP/アフロ)

 ソ連邦最後の最高指導者であるミハイル・ゴルバチョフ氏が2022年8月に亡くなった時、筆者は01年に実施した彼との長時間インタビューを思い出した。その書き起こしをあらためて読み返すと、ゴルバチョフ氏を冷戦終結へと突き動かした彼の思考と戦略の明瞭さに感嘆するとともに、彼がロシアのプーチン大統領に対して、当時からすでに条件付きの見解を持っていたことにも驚かされた。

 プーチン大統領は、ゴルバチョフ氏が始めた改革の最大の受益者だった。プーチン大統領は、ソ連の情報機関、国家保安委員会(KGB)の元スパイで失業中の身から、わずか10年でロシアの大統領になった。ゴルバチョフ氏が亡くなった時、プーチン大統領はソ連最後の最高指導者が「歴史的」役割を果たしたことを認めつつも、「忙しすぎて」葬儀には参列しなかったという。

 01年のインタビューで、私はまずゴルバチョフ氏に、ソ連経済の病巣は何だったのかという診断を仰いだ。彼は「我々のシステムはあまりに煩雑で、科学技術革命がもたらした課題に対応することができなかった」と答えた。

「女性のストッキング問題」を解決できなかったソ連

 1980年代初め、ソ連政治の先達が「女性のストッキング問題を解決する委員会」の設立を計画していたことを思い出して、彼は怒り始めた。「宇宙へ飛び、人工衛星『スプートニク号』を打ち上げ、あれだけのミサイル防衛システムをつくった国が、女性のストッキングの問題を解決できないなんて信じられない」と憤慨した。「歯磨き粉も粉せっけんもない、生活必需品もない。そんな政府の中で働くのは途方もなく、屈辱的な経験だった」

 ソ連の「完全支配体制」は国民に時代遅れと見なされたことで、機能しなくなったと彼は指摘した。「我々は、この国がどんな国なのか知っていた。最も軍国主義的で、中央集権的で、最も厳格な規律を持ち、核兵器やその他の兵器をふんだんに抱えていた。内戦や世界の破滅につながるような手法を選ぶこともできた」

 ソ連が危機から脱するには、孤立から抜け出す道を見つける必要があった。「鉄のカーテンに終止符を打つ必要があった」とゴルバチョフ氏は振り返った。「問題解決への唯一の道は、他国との協調だった」。それは国際関係のあり方を変え、「イデオロギーの対立」――特に核軍拡競争を終わらせることを意味した。「もし我々と米国が核兵器を使えば、人類を1000回以上滅ぼすことができることを、我々はよく知っていた」

 ゴルバチョフ氏の改革案は、グラスノスチ(開放)やペレストロイカ(再構築)と呼ばれた。これらの改革案は、世界が相互関係や相互依存で成り立っており、「ますます1つになっている」ことを認識した「新しい考え方」に支えられたものであった。世界の相互依存の仕組みの中に自国を組み込むことは、 つまり「ソ連の国家計画、国内政策、そして特に外交政策を練る上で、(今までと)異なる行動を取ることが非常に重要になる」ことを意味していた。

 この劇的な発想の転換こそが冷戦を終結させ、西側諸国と再び手を結ぶ基盤となった。しかし、それはゴルバチョフ氏が予想もしなかった、あるいは望んでいなかった出来事――つまり、ソビエト連邦の崩壊をもたらすことになった。この崩壊の先頭に立ち、独立したロシア連邦の初代大統領に就任したエリツィン氏をゴルバチョフ氏は憎んでいた。ゴルバチョフ氏にとって、エリツィン氏は「破壊者」であった。

次ページ ゴルバチョフ氏のプーチン評