バズワードに、証拠に基づく政策(EBPM, Evidence-Based Policy Making)という言葉が仲間入りをしたようだ。2016年ごろからはやり始め、今や国の全政策をまとめた、2022年のたった数十ページの骨太方針に8回も登場する

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2979文字 / 全文5680文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「グローバルインテリジェンス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。