いくら有望な市場でも、どれだけ優秀な人材を集めても、リーダー次第で組織は停滞してしまう。では、良いリーダー、悪いリーダーとはどんな人なのか。さらに、単なる良いリーダーと、「偉大な組織」をつくる「偉大なリーダー」とは何が違うのか。世界で1000万部を超える『ビジョナリー・カンパニー』シリーズの著者、ジム・コリンズ氏がスタートアップや中小企業向けに記した『ビジョナリー・カンパニー ZERO』から、一部抜粋して紹介する。

 有能なリーダーは集中する。優先課題を最小限に絞り、脇目もふらずに専念する。すべてをやれる人間はいない。偉大な企業を目指す組織も同じことだ。

一度にひとつずつ

 優先事項の短いリストを作成しよう。「短い」というところがミソだ。優先事項は一時期にひとつに絞るのが有効というリーダーもいる。ひとつに決めたら、片が付くまでそれに集中するのだ。どうしても複数になる場合でも、3つを超えないようにしよう。それ以上になるのは優先順位を決められないことを認めるのに等しい。

 これを実践していたのが、シカゴマラソンを主催するスポーツイベント会社のエグゼクティブ・ディレクター、ボブ・ブライトだ。ブライトのトップ在任中に、シカゴマラソンは地域的な二流イベントから、世界記録が生まれる一流の国際イベントに成長した。成功の秘訣を問われたブライトの答えはシンプルだった。「ライフルをオートマチック・モードにしないことだ」

 詳しい説明を求めると、ブライトはベトナム戦争に海兵隊員として9年間従軍した経験を語ってくれた。その間、多くの戦闘に参加した。おとり部隊を率いて、敵陣に攻め込んだこともある。そこで人生でもっとも大切な教訓のひとつを学んだという。

 味方が数人しかおらず、周りを敵に囲まれたときにはこう言うんだ。「おまえはここからここまで、おまえはここからここまでをカバーしろ。銃はオートマチック・モードにするな。一度に一発ずつ撃て。パニックになるな」

 同じことがビジネスにも言える。これは本当に重要なことだ。一度にひとつに集中すること。そうしなければ、さまざまな問題を抱えることになる。

 戦場で部隊を率いることと企業経営を同列に論じるつもりはない。それでも一度にひとつのことに集中し、パニックにならないという基本は、生き馬の目を抜くベンチャー企業経営にも応用できる。これは「やることリスト」にひとつの項目しか書けないということだろうか。答えはイエスであり、ノーでもある。企業経営者として「やるべきこと」がひとつだけということは実質的にあり得ない。しかし時間の大部分は最優先事項につぎ込み、それが完了するまでは集中すべきだ。

押し寄せる課題にパニックにならず、優先課題を見極め、集中して解決に当たることが重要(写真:chaponta/Shutterstock.com)
押し寄せる課題にパニックにならず、優先課題を見極め、集中して解決に当たることが重要(写真:chaponta/Shutterstock.com)
続きを読む 2/3 仕事ではなく時間を管理する

この記事はシリーズ「『ビジョナリー・カンパニー ZERO』に学ぶリーダーシップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。