いくら有望な市場でも、どれだけ優秀な人材を集めても、リーダー次第で組織は停滞してしまう。では、良いリーダー、悪いリーダーとはどんな人なのか。さらに、単なる良いリーダーと、「偉大な組織」をつくる「偉大なリーダー」とは何が違うのか。世界で1000万部を超える『ビジョナリー・カンパニー』シリーズの著者、ジム・コリンズ氏がスタートアップや中小企業向けに記した『ビジョナリー・カンパニー ZERO』から、一部抜粋して紹介する。

ウエストポイント(米陸軍士官学校)で育まれる「リーダーシップの本質」とは(写真:Alan Budman/Shutterstock.com)
ウエストポイント(米陸軍士官学校)で育まれる「リーダーシップの本質」とは(写真:Alan Budman/Shutterstock.com)

そもそも「リーダーシップ」とは何か

 リーダーシップというテーマを探究しつづけるなかで私にとって、もっとも重要な経験となったのは、2012年から2013年の2年間にわたり、ウエストポイント(米陸軍士官学校)でリーダーシップ研究に取り組む栄誉を与えられたことだ。ウエストポイントは優れた人格を持つリーダーの育成に取り組む、世界有数のリーダーシップ教育機関だ。この間、私は幾度も現地に足を運び、士官候補生や教員との交流を通じてリーダーシップの本質、どうすればリーダーを育成できるのか、どうすれば「良い」リーダーを「偉大な」リーダーにできるのかを研究した。

 そこで目標としたことのひとつは「リーダーシップとは何か」という一見単純な問いについて徹底的に理解することだった。リーダーシップという言葉はよく使われるが、そもそもどういうものなのか。

 まずはっきりさせておきたいのは、「リーダーらしい人格」というものはない、ということだ。今は有名人を崇(あが)めたて、人格をことさら重視する時代だが、人格とリーダーシップを混同するのは危険だ。

 教育NPO「ティーチ・フォー・アメリカ(TFA)」の創設者ウェンディ・コップは、まれに見る影響力と進取の気性を持ち、私が心から尊敬するリーダーのひとりだ。ウエストポイントでの小規模なグループセミナーに、コップを特別ゲストとして招いたことがある。参加した士官候補生がまず気づいたのは、コップが内気で控えめで、注目を浴びるのが苦手なことだ。セミナー会場は30人がやっと入れるほどの小さな会議室だったが、近隣の工事現場から聞こえてくる重機の音にかき消されてしまいそうなコップの声を聞き逃すまいと、参加者は必死に耳をそばだてた。

 コップは大学4年生のとき、将来何をしたいかわからず、不安を抱いていたと語った。実存的悩みを抱えていても卒業論文は書かなければならない。そこで教育について書くことにした。2つの重要な目的を実現したい、という情熱が芽生えはじめていたからだ。ひとつはどのような家庭、どのような地域に生まれたかにかかわらず、すべての子供にしっかりとした教育を受けさせること。

 もうひとつは一流大学を卒業した若者たちに、ミシシッピ・デルタ地域やハーレム、ブロンクスなどアメリカのもっとも恵まれない地域で最低2年間教師として働く機会を与えることだ。自分の人生を賭けて取り組みたいことはそれだと気づいたコップは、TFAを立ち上げた。

 TFAの創設以来、プログラムに応募した若者は50万人を超える。TFAはこのうち6万人以上を教室に送り込んできた。2009年、私は雑誌「インク」の編集長から、創刊30周年記念号のためにインタビューを受けた。そこで史上最高の起業家は誰かという話になり、私はここ10年で最高の起業家としてコップの名を挙げた。

 ウェンディ・コップのリーダーシップの優れた点のひとつは、本能的に正しい人材を次々と引き寄せ、崇高なミッションに全員を巻き込んでいく力にある。TFAを立ち上げた当初は組織の理念に魅力を感じる有能な人材を集め、教師や教育のリーダーとして現場に解き放つことに集中した。

 その後、TFAからティーチ・フォー・オール(世界中の同じような組織のネットワーク)へと活動が発展していくなかで、コップは全員参加型リーダーシップというビジョンを持つようになった。生徒、保護者、教師、校長、学区の教育長、政策当局者、産業界の人々、医療従事者など、あらゆる立場の人が共通の目標に向かって協力するのだ。子供にかかわるエコシステム全体を活用することで、組織内外の何千人という人材を動員できる。こうして、いつの日か「あらゆる国」の「あらゆる子供」に最高の教育を受ける機会を与えるという夢に向かって邁進(まいしん)できるようになった。

 あの日ウエストポイントの会議室で、ウェンディ・コップは士官候補生にリーダーシップの重要な真実を伝えた。人を動かし、偉業を成し遂げるのに力強いカリスマ的人格は必要ない。権力も要らない。コップには組織的な権限もなければ、社会のヒエラルキーの上位にいたわけでもなく、高貴な肩書があったわけでもなく、議決権や政府のお墨付きがあったわけでもない。金銭的報酬によって人材を集める力もなかった。TFAのプログラムに参加した者の多くは、他の仕事に就けばもっと多くの収入を得ることができただろう。ジェームズ・マクレガー・バーンズが名著『Leadership(リーダーシップ)』に書いたとおり、腕力とリーダーシップを混同してはならない。

 真のリーダーシップとは、従わない自由があるにもかかわらず、人々が付いてくることだ。

続きを読む 2/3 地位と権力に頼るのはリーダーシップの放棄

この記事はシリーズ「『ビジョナリー・カンパニー ZERO』に学ぶリーダーシップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。