パソナグループが兵庫県淡路島への本社機能移転を発表して1年が過ぎた。自然豊かな土地での生活と自由な働き方を両立させる大胆な改革に、社員は「もう東京には戻れない」と話す。同社がこだわるのは社員の新たな働き方だけではない。掲げるのは島を雇用の受け皿にし、地方創生を開花させる経営目標だ。第1コーナーを回った改革は今どうなっているのか。現地を訪れた。

パソナグループは淡路島への本社機能の一部移転を進めている
パソナグループは淡路島への本社機能の一部移転を進めている

 神戸市から明石海峡大橋を渡り兵庫県淡路市に入った後、しばらく車を南に走らせる。すると瀬戸内海の海に面したコンクリート打ちっぱなしの複合リゾート施設が現れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4137文字 / 全文4428文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「仕事とわたし 新しい働き方のカタチ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。