50代以降のキャリアを、社会課題の解決を通して構築したいと考えるミドル世代は少なくない。自身も経験した更年期の症状の改善をビジネスにしたいと、会社を立ち上げた田中明子さんもそのうちの1人だ。遅咲きの起業家として、社会への恩返しを目指す。

■連載予定(タイトルや回数は変わる可能性があります)
くすぶるな50代 ミドルと会社すれ違い、継続雇用イヤ7割
グーグルなどリスキリングで連携 育てイノベーション人材50万人
ブリヂストンやみずほ、ミドルを磨く 越境学習や兼業で経験開花
元富士通SEはビール造りに手応え ライフシフトで夢に挑む50代
元電通マン、故郷の活性化へ奮闘 挑むミドルを古巣や仲間が後押し
・50代で起業塾の門たたく 更年期の症状改善、事業で社会課題を解決(今回)
・ライフシフトの出発点は自分発見 悩むミドルの心のブレーキを探る
・赤坂の紫乃ママが説くミドルのスキル 生涯現役へ人の輪を広げよ
・「物価上昇」知る50代の活躍、消費活性化にも意義 識者に聞く

 ミドル世代に元気でいてもらうことが、家庭や社会の活性化にもつながる――。このような願いを胸に今月、約1年半の準備を経て新サービスを立ち上げる50代がいる。2021年2月にウエルキー(京都市)を起業した田中明子さん(58)だ。

 社名のウエルキーは、「健康(ウェルネス)を維持(キープ)」が由来。名前からも分かるように、開始するのは女性をターゲットとしたヘルスリテラシー向上、更年期症状の緩和、生活習慣改善サービスだ。管理栄養士がオンライン上で定期的に栄養と運動について指導してくれるもののほか、今後は日々の食事の写真をスマートフォンで送ると、現在の食事内容のリスク、症状や悩みに適した食材や調理法など食事改善の助言を管理栄養士がレポートにして提供するメニューも準備している。

更年期症状の改善に役立つオンラインサービスを立ち上げた田中明子さん(写真:山田 哲也)
更年期症状の改善に役立つオンラインサービスを立ち上げた田中明子さん(写真:山田 哲也)

 田中さん自身は、健康に関わる仕事の経験はまったくなく、一からのスタートだ。1964年生まれの田中さんは、当時の女性では珍しい工学部出身。応用化学を専攻し、新卒で横河電機に入社。分析機器におけるアプリケーション開発に従事した経歴を持つ。

 

 その後、2006年に大阪の研究所閉鎖を機に、食品検査の受託会社に転職するも、引き続き検査関連の業務に携わった。品質保証責任者として医薬品の試験に関わる品質保証体制の立ち上げにも携わった。

 

 「とても恵まれた会社員生活だった」と田中さんは振り返る。結婚そして2度の出産を経ても、自分の専門を生かして働き続けることができた。家族も自分が仕事を続けることを応援し続けてくれた。子どもが小さかったころは、帰宅するまで近くに住む両親が面倒を見てくれたのもありがたかった。

 しかし、立場が上になるにつれ、キャリアの方向性に悩むようになる。マネジメントを行う中で経営陣と現場社員との橋渡し的な業務が増え、双方の利害調整に奔走する日々が続く。「働くことは好きだけど、会社員でいる限り会社の言われた業務しかできない。私は本当に人の役に立つ仕事をしているのだろうか」と、悩むようになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3310文字 / 全文4620文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「仕事とわたし 新しい働き方のカタチ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。