出社しているはずなのに、姿が見えない。そんな中高年が「妖精さん」と呼ばれている。50代には高給をもらいながら定年を待つ。そんな「逃げ切りシステム」は、定年というゴールが動かされ、過去のものとなった。50代以降も活躍してもらわねば成長が止まるとの危機感から、企業も変わり始めた。続けるのか、辞めるのか、それとも新たに始めるのか――。楽しく、有意義に残りの半生を過ごす戦略を練ってみよう。妖精さんごっこに興じているのは、あまりにもったいない。

■連載予定(タイトルや回数は変わる可能性があります)
・くすぶるな50代 ミドルと会社すれ違い、継続雇用イヤ7割(今回)
・グーグルなどリスキリングで連携 育てイノベーション人材50万人
・ブリヂストンやみずほ、ミドルを磨く 越境学習や兼業で経験開花
・元富士通SEはビール造りに手応え ライフシフトで夢に挑む50代
・故郷の町おこしに奮闘する元電通マン 古巣や元同僚が挑戦を後押し
・50代で起業塾に入門 更年期の女性支援、働き続けて社会に恩返し
・50歳で大学学長に 元ベンチャー経営者、人生の意義を見つめ直す
・ライフシフトの出発点は自分発見 悩むミドルの心のブレーキを探る
・赤坂の紫乃ママが説くミドルのスキル 生涯現役へ人の輪を広げよ
・「物価上昇」知る50代の活躍、消費活性化にも意義 識者に聞く

 社員の半数が50歳以上──。大企業ですら、少子高齢化でそんな現実が目前に迫る日本。かつては第一線を退いたと見なされた中高年層も、貴重な戦力としての働きが求められている。ところが肝心の中高年社員のパフォーマンスはなかなか上がらない。彼らに何が起きているのか。

「生涯現役社会」を見据え、働き手は残りの人生をどう生き、どう働くか、主体的に考える時に来ている(写真:西村尚己/アフロ)
「生涯現役社会」を見据え、働き手は残りの人生をどう生き、どう働くか、主体的に考える時に来ている(写真:西村尚己/アフロ)

 「非管理職の50代社員はほかの世代と比べて人事評価が低い傾向が顕著でした。このままではまずいと危機感を覚えました」。こう話すのは、NTTコミュニケーションズのヒューマンリソース部でキャリアコンサルティング・ディレクターを務める浅井公一氏だ。

 6月時点で社員の3分の1の約2000人が50歳以上だ。同社キャリアデザイン室の試算では、2025年には社員の半数以上が50代となる。このままでは会社全体の成長に響く。14年、当時の副社長の後押しもあり、浅井氏は1人でこれまで未着手だった中高年社員のキャリア開発に乗り出すことにした。

期待されないから頑張らない

 

 浅井氏は当初、パフォーマンスの悪さは、仕事への意欲が低いからだと考えていた。だが多くの社員と面談を重ねて浮かび上がったのは「50代のやる気は決して低くない」という事実。多くの社員が訴えたのが「大事な問題が発生しても蚊帳の外に置かれ、意思決定の場にも呼ばれなくなった」という不満だった。

 

 彼らはいわゆる「バブル入社組」と呼ばれる、好景気に大量採用された世代。年齢が上がるにつれて昇進が難しくなり、能力を発揮できずにくすぶっていた。周囲からの期待を得られなくなり仕事への関わり方に悩む人も少なくなかった。期待されないから頑張らないという悪循環に陥っていたといえる。

 

 浅井氏はこれまで8年間で約2000人もの50代社員と面談。研修なども導入しつつ「自分のために小さな目標を立てて前進する」「何歳になってもチャレンジする」重要性を訴えた。結果、1年後には面談した社員の約8割に何らかの挑戦を始めるなどの行動変容が見られた。50代にして昇格する社員も増え始めた。

次ページ 日本企業の課題の縮図