就職事情が厳しかった氷河期の当時、大卒の就職率は大きく落ち込んだ。「自己責任」という言葉が台頭、本人の頑張りが足りないと言われてきた。だが、就職率低下の真の理由は日本が抱えた複数の構造問題にある。

 氷河期世代であっても、少ない採用枠の中で大企業に入社し、経営の中核を担う人材として成長した人もいる。「76(ナナロク)世代」と呼ばれるIT分野の起業家たちのように、変化の空気を感じ取り、閉塞感を打ち破るべく道を開いた人も少なくない。

 だが、その数約1700万人といわれる氷河期世代だ。成功者の背後にいる、不遇な状況から抜け出せていない人のほうが、まだまだ多いのが実態だろう。

 「国や会社が個人の仕事や生活スタイルに道筋を付けてくれる時代が、氷河期以降はもはや望めなくなってしまった」。千葉商科大学准教授の常見陽平氏は、氷河期以前と以後で、最も異なるポイントは「自立を要求された」点に尽きると語る。

「会社人間は要りません」

 常見氏が大手企業を対象に、1990年代の入社式での社長訓示を調査したところ、96年以降「組織から離れても自分を発揮できる力を身に付けましょう。会社人間は要りません」「会社に言われたことだけやるのではなく、自分磨き、プロを目指しましょう」といった、個人の努力を促す言葉や内容の増加に気づいた。

 同時に台頭し始めたのが「自己責任」「甘え」という言葉だ。成功者がいるのだから、就職活動がうまくいかずいい仕事に就けなかった理由は本人にあると捉えられた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3392文字 / 全文4048文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「仕事とわたし 新しい働き方のカタチ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。