時代の転換点に多感な時期を送った氷河期世代には大きな財産がある。規律と多様性の両方を重んじる、新旧ハイブリッドの価値観だ。デジタル化にいち早く対応し、多くの起業家も生まれている。

 もう会社勤めすることはないだろう──。一度は退路を断って研究者を目指したという40歳が、しなやかに働いていた。

 物流大手、山九の技術開発グループで働く芝頼彦さんは、2020年の入社。同社が政府の氷河期世代支援プログラムに沿って設けた正社員募集の枠で採用された。東北大学で水産を専攻していた芝さんはもともと研究者を志望し、同大学大学院に進んで博士号を取得した。ポスドク研究員に就いたが「研究実績を上げ続けないと、残ることができない厳しい環境」に限界を感じ、実家のある奈良に帰って地元の中小化学メーカーに就職した。

山九の技術開発グループで働く芝頼彦さん(右)は、氷河期世代を対象に実施された正社員の採用枠で入社した(写真:都築 雅人)
山九の技術開発グループで働く芝頼彦さん(右)は、氷河期世代を対象に実施された正社員の採用枠で入社した(写真:都築 雅人)

 ただ、実際に工場の現場に立ち、夜勤もこなす仕事が年々つらくなっていた。そこで巡り合ったのが今回の山九の応募枠だ。現在の仕事内容は、物流の現場におけるトラブルシューティングで、原因を検証して対策を講じる。芝さんの企業での職歴は前職の4年ばかりで、現在の職務内容も初めての経験だが、青山勝巳人事部長は「きちんと論理立てて働いてくれている」と評価する。前を向いて、動き続ける氷河期世代。今、組織変革の先頭に立って力を発揮し始めようとしている。

組織のDXとダイバーシティーの旗手に

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2970文字 / 全文3578文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「仕事とわたし 新しい働き方のカタチ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。