終身雇用と年功型の賃金と引き換えに、自身のキャリアを会社に白紙委任するーー。辞令1枚で社員を各地に異動させる転勤は、そんな日本型雇用の究極の姿だったが、大きな転換点を迎えている。
日経ビジネスでは「転勤制度」をめぐり、各社の取り組みを取材する共に、上場企業72社の人事部やビジネスパーソン1033人にアンケートを実施した。見えてきたのは働き手の多様化で日本型雇用が限界を迎える中で、転勤も縮小・廃止へと向かおうとしている実態だ。
連載4回目では、転勤をゼロにするのが難しい大手製造業の動きを取り上げる。本社を離れた各地の工場が付加価値を踏み出している以上、転勤は宿命だが、農機大手のクボタは、ならば転勤の位置づけを明確にしようと改革を進める。紙の辞令廃止はその象徴だ。

■掲載予定 ※内容は予告なく変更する場合があります
(1)1000人調査 社員は「転勤命令」をどう受け止める 懸念は家族
(2)70社の人事に聞く「わが社が転勤制度を見直す理由」
(3)世界32万人のグループ社員の転勤をなくしたい 巨大艦隊NTTの挑戦
(4)転勤が宿命の製造業、クボタが紙の辞令を廃止した理由(今回)
(5)働く場所は私が決める 富士通、明治安田が選んだ卒転勤
(6)家賃補助9割、手当240万円…「転勤当たり前」保険会社の試行錯誤
(7)養老孟司氏 「転勤拒否は自分の未来を狭める行為」
(8)大手前大・平野学長「転勤は日本のすり合わせ文化の象徴だ」
(9)「ほとんどの転勤はなくせる トップダウンが重要」大久保幸夫氏
(10)転勤は中小にも余波、「配偶者の異動で辞職」を防げ 楓工務店
(11)人事部はつらいよ…「よかれと思う転勤が通用しない」
(12)転勤族もつらいよ…経験者たちの哀歓「転勤伝説」
(13)転勤免除期間、ジョブ型、キャリア自律…望まない転勤なくす処方箋

 言葉の端々にあふれる自信からは、出向先で送った有意義な日々が垣間見えた。

 「農家さんとセールスマンの信頼関係があってこそ商品が販売できるということがよく分かった。農業白書のような資料を通してしか知らなかった農業の実際の現場も知ることができた」――。クボタの農機国内営業部ディーラーサポート課の今野萌子さんは、販売会社「みちのくクボタ」(岩手県花巻市)への1年間の出向をこう振り返る。

転勤は製造業の宿命

 共働き世帯が当たり前となり、子育てや介護といったプライベートの事情と仕事の両立を、多くのビジネスパーソンが迫られるようになったことで、転勤制度は限界を迎えている。大局的に見れば縮小・廃止へと進んでいくことは間違いない。

 一方で、特有の事情から転勤を完全に廃止するのは難しい業種もある。転居をしないで働き続けるためには、インフラとなるリモートワークが可能な環境が必要だが、なじまない場合もある。また、製造や販売の現場の実態を知ることが、自身のキャリアにとってはもちろん、将来の経営を担う人材の育成という面から会社にとっても不可欠なケースもあるだろう。

 本社から離れた各地の工場で付加価値を生み出している大手製造業は代表例と言えるが、そんな業界にあって転勤ゼロが不可能ならば、いっそのこと転勤によるローテーションに積極的な意味を見いだそうというのがクボタの流儀だ。農業機械の営業に配属された新人を対象にした教育出向にもその姿勢が表れている。

 クボタにおける農業機械の国内営業の実動部隊は、今野さんが出向したみちのくクボタをはじめとする全国13の販売会社が担っている。教育出向は、普段は接点のないエンドユーザーである農家や、販売の最前線に立つセールスマンと向き合う貴重な経験だ。農機国内営業部長の鶴田慎哉エグゼクティブオフィサーは「決して安くはない商品を販売しているので、1台の重みを実感してほしいし、本当の意味でクボタのブランドを背負って日々活動しているのは誰なのかを知ってほしい」と狙いを口にする。

クボタでは全国13の販売会社に農業機械の営業職の新人を1年間、教育出向させている
クボタでは全国13の販売会社に農業機械の営業職の新人を1年間、教育出向させている

 出向期間は1年間で、1998年以来、毎年5人前後を派遣している。OJTトレーニングを目的とするので、出向者の給与はクボタ側の負担だ。

 今野さんは2019年4月に入社すると、8月に花巻市に引っ越し。現地では営業車の軽トラックに同乗して、担当エリアの青森・岩手両県の農家を回る日々を送った。販売促進のチラシを作り、トラクターでのけん引作業も体験したという。

 営業に同行したセールスマンは機械に不具合があれば、土日でも農家のところに駆けつけていた。「土日に出ずに済むように、普段からメンテナンスを万全にするなど、現場の働き方の改善を進めたい」と話す。みちのくクボタでの1年間は、販売会社のセールスマンのサポート役という今野さんの現在の仕事に直結している。

次ページ 紙切れ1枚の辞令と決別