ドラァグクイーン(女装家)として活躍するナジャ・グランディーバさん。30年以上も家族にLGBTQ+であることを隠していました。家族に打ち明けたきっかけはテレビ出演。「カミングアウトはファッションじゃない」と言うわけとは。

現在、ドラァグクイーンとしてテレビ番組などに出演されています。カミングアウトを含め、いつからドラァグクイーンとしてやっていく、と覚悟を決めていたのでしょうか。

 ドラァグクイーンとしてやっていくというのに、覚悟みたいなのはなかった。女装はファッションショーみたいで楽しいと思ってやっていましたし。

 決めないといけなかったのは、「ドラァグクイーンとしてテレビに出ます」というのを親に言うこと。それが10年くらい前の話ですね。私は自分がゲイであることを36歳まで、親に言っていなくて、長いこと隠していました。

ドラァグクイーンとして活躍し、現在はテレビ番組などにコメンテーターとして出演する。兵庫県出身(写真=陶山勉、以下同)
ドラァグクイーンとして活躍し、現在はテレビ番組などにコメンテーターとして出演する。兵庫県出身(写真=陶山勉、以下同)

 ゲイバーやイベントでドラァグクイーンとして出ていたのをきっかけに、毎週水曜日のレギュラー番組に出てほしいと知り合いから頼まれました。女装でテレビに出るならば、親に言わなきゃ、と。

 電話に出た母からは「田舎でお米屋さんをしているし、ゆっくり穏やかに過ごしたい。子どもがオカマで出ていると思われると商売をやりにくいから、やめて」と返ってきた。そのときは「お母さんがそうなら、相談します」と言って電話を切りました。確かに田舎はご近所づきあいが大事だから仕方がないな、と。

 翌日、母から電話がかかってきて「あんたの好きにしていいです」と。家族会議か、はたまた父と話をしたのかもしれない。私のカミングアウトはこの2日間だけでした。小さいときからオカマっぽいと言われていたし、部屋に隠していたゲイ雑誌にも母は気づいていたんでしょう。1回目は反対したけど、次の日に賛成してくれた。親も応援してくれたし、だからこそ、やるからには精いっぱいやろう、と決めました。

 私の場合、この格好でテレビに出るという仕事をしてなかったら、一生、親に言ってなかった。最近ではカミングアウトする人は多いけど、むやみやたらにするのには反対かな。

ファッションではない、と。

 そやね。自分はこうだと表現するのをかっこいいと思う人がいますが、私はあんまりしなくていいと考えています。自己満足な気がする。だって、家族には傷付く人もいるから。私が仮にサラリーマンなら一生言わないでいて、それだったら親も「ずっと女の子と縁がないから独身なのかな」と思っていたでしょうから。

続きを読む 2/4

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1130文字 / 全文3491文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「あなたの隣の「ジェンダー革命」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。