ジェンダーの多様性に対応するために制度や設備を導入し、研修を実施する企業が増えている。しかし、形を整えても従業員の意識が変わらなければ、活用が進まず、絵に描いた餅になりかねない。性的少数者(LGBTQ+)当事者の真のニーズをくみ取るために必要なことは何か。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2879文字 / 全文2902文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題