ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス(東京・目黒)は社員の多様化に積極的に取り組んでいる企業の一つ。一人ひとりを唯一無二の存在として尊重する企業文化が根付いている。2020年3月には、採用試験の際に提出を求める履歴書から、顔写真、ファーストネーム、性別の欄を削除した。ただ、社内でこの提案があってから実現するまでには1年かかり、簡単なことではなかった。

ユニリーバはファーストネームや顔写真の記入を不要にした履歴書を導入している(写真:大西綾)
ユニリーバはファーストネームや顔写真の記入を不要にした履歴書を導入している(写真:大西綾)

 日用品大手のユニリーバ・ジャパン・ホールディングス(東京・目黒)は、2020年3月6日から採用試験の際、志願者に提出を求める履歴書の性別欄を削除し、顔写真の添付と性別が類推できるファーストネームの記入も不要にした。

 取締役人事総務本部長の島田由香氏は「これらの項目は、採用担当者が見ると無意識に志願者の性別や容姿を思い浮かべてしまいがちだ。本来、審査で必要としないこれらへの関心を排除し、重視すべき個性や能力の見極めに集中できるようにするのが目的」と話す。新卒や中途などすべての採用ルートに適用する。

島田由香(しまだ・ゆか)氏 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 取締役人事総務本部長 1996年慶応義塾大学卒業後、日系人材ベンチャーに入社。2000年米コロンビア大学大学院へ留学し、2002年組織心理学修士取得。米系大手複合企業を経て、2008年ユニリーバに入社し、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て、2013年4月取締役人事本部長に就任。2014年4月より現職。 学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。日本の人事部「HRアワード2016」個人の部・最優秀賞、「国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2019 for SDGs」を受賞している人事のカリスマ
島田由香(しまだ・ゆか)氏 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス 取締役人事総務本部長 1996年慶応義塾大学卒業後、日系人材ベンチャーに入社。2000年米コロンビア大学大学院へ留学し、2002年組織心理学修士取得。米系大手複合企業を経て、2008年ユニリーバに入社し、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て、2013年4月取締役人事本部長に就任。2014年4月より現職。 学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。日本の人事部「HRアワード2016」個人の部・最優秀賞、「国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2019 for SDGs」を受賞している人事のカリスマ

 ユニリーバがこうした採用を始めたきっかけは、3年ほど前に遡る。シャンプーなどを展開する自社ブランドであるLUX(ラックス)で、ブランドが掲げる目標の再定義が議題に上がったことだった。

 ユニリーバは、各ブランドのパーパス(目的・存在意義)を大切にしている。製品を提供することにより、それを使用する顧客の何を最終的に支援しようとしているのかを明確にしているわけだ。従来、LUXのパーパスは「女性が自分らしく輝くためのサポート」だった。これを時代に合わせて練り直すことになった。

 注目したのは、以前のパーパスにあった「輝く」という言葉。思いとは裏腹に、社会では個人が輝く機会が失われているのではないかという疑問が提起された。ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングのラックスブランドマネジャー河田瑶子氏は、社会人生活の入り口である採用活動に目を付けた。そして「ジェンダーが理由で、個人のやりたいことや希望が実現できない現実があるのではないか。LUXとして何かできることはないか」と島田氏に相談した。

 LUXが採用担当者や会社経営者など424人を対象に実施したアンケートによると、4人に1人は採用過程で男女が平等に扱われていないと感じていた。そして4割以上が履歴書に貼る写真が合否に影響すると答えた。

続きを読む 2/3 社内から不安の声

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り848文字 / 全文2895文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「あなたの隣の「ジェンダー革命」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。