米国の産業地図が大きく塗り替えられようとしている。シリコンバレーから企業や人材が抜け出し、テキサスやアリゾナなどの内陸部でEVやエネルギー産業などの新たな集積地が生まれつつある。本連載では、米国各地、さらには中国やアジアで急激に変化しつつある企業の新たな生態系を探っていく。初回は、 米エバーノートの創業者で、現在はビデオ会議サービスを開発・提供するmmhmm(ンーフー)、起業支援やヘルスケアサービスなどを手掛けるオールタートルズのCEO(最高経営責任者)であるフィル・リービン氏に聞く。リービン氏は2020年12月から本拠を置くサンフランシスコを離れて、米中部のアーカンソー州に移住した。企業のトップ自らがシリコンバレーのエリアを離れる意図はどこにあるのか。

<span class="fontBold">フィル・リービン氏</span><br />米オールタートルズ(All Turtles)CEO(最高経営責任者)兼共同創業者、米ンーフー(mmhmm)CEO兼共同創業者。<br />1972年、ロシア生まれ。ソフトウエアエンジニアであり、連続起業家として5社を起業した。クラウド上にドキュメントを保存するエバーノートを創業し、2007年にCEO就任。15年にCEOを退任した。退任後はベンチャーキャピタリストとしてスタートアップへの助言や投資を行っていた。日本食を愛してやまない日本通としても有名
フィル・リービン氏
米オールタートルズ(All Turtles)CEO(最高経営責任者)兼共同創業者、米ンーフー(mmhmm)CEO兼共同創業者。
1972年、ロシア生まれ。ソフトウエアエンジニアであり、連続起業家として5社を起業した。クラウド上にドキュメントを保存するエバーノートを創業し、2007年にCEO就任。15年にCEOを退任した。退任後はベンチャーキャピタリストとしてスタートアップへの助言や投資を行っていた。日本食を愛してやまない日本通としても有名

なぜ、本拠のシリコンバレーからトップ自らが移住を決断したのですか?

フィル・リービン氏(以下、リービン氏):当初は、ロックダウン(都市封鎖)となったサンフランシスコ以外の場所に行きたいと思っていました。どこでもよかったのです。友人がウォルマートに転職したので、(同社の本社がある)アーカンソー州のベントンビル市に来ました。ワクチンの接種を受けてから、ベントンビルの街に出るようになりましたが、素晴らしいレストランやコーヒーショップ、映画館もある住みやすいところです。大都市でなく、農場のようなところでもなく、ちょうどいい大きさです。

完全に分散するほうがメリットが大きい

アーカンソー州のベントンビル市にあるウォルマートの1号店。ウォルマートの本社オフィスのほか流通センターなど同社関連施設が多くある
アーカンソー州のベントンビル市にあるウォルマートの1号店。ウォルマートの本社オフィスのほか流通センターなど同社関連施設が多くある

 新型コロナウイルスによるパンデミックが始まったとき、我々は企業の形態を完全に分散させてはどうかと考え始めました。当初は自宅や遠隔地での仕事は一時的なものだろうと思っていたのですが、数カ月が経過して、分散型の企業に大きなメリットがあると気づいたのです。

 これまで住む場所というのは仕事のある場所でしたが、これからは住みたい場所に住めるのです。今までも可能だったかもしれませんが、考える余裕がありませんでした。今後数年間で世界が大きく変わるのではないでしょうか。もちろん全員ではないですが、何億人もの人が、住む場所と働く場所を別々に決めることができるのです。誰もがいい家に住んで、子供をよい学校に通わせることができる。

 リモートワークとオフィス勤務のハイブリッド型をうたっている企業はうまくいかないでしょう。完全な分散型でないとこうしたメリットを得られません。

分散した企業の最大のメリットはなんでしょうか?

リービン氏:世界中からいい人材を集められることです。ンーフーのCTO(最高技術責任者)はボストンにいて、オールタートルズのCOO(最高執行責任者)はシカゴに移ったばかりです。また、両社を兼務しているマーケティング責任者はフランスのパリにいます。同じく両社を兼務する人事部長はモンタナ州に引っ越しました。そして、日本とアジア太平洋の事業責任者は日本にいます。つまり我々にとって中心となる場所はどこにもないのです。

モンタナ州の風景(写真はイメージ)
モンタナ州の風景(写真はイメージ)

 求人ではあらゆる職種に「グローバル」と明示しており、様々な国の人を採用しています。1年前に2人だった社員は75人となりました。2社(オールタートルズとンーフー)でおよそ100人の規模です。これらのスタッフが完全にリモートで分散しています。

 ベイエリア(サンフランシスコとシリコンバレーを合わせた総称)には優秀なエンジニアがいます。でも世界にはその1000倍以上ものエンジニアがいて、その中から極めて優秀な人を採用できます。そもそもエンジニアはリモートワークを好みます。オフィスのような固定された場所にいつもいたいとは思っていません。

続きを読む 2/4 シリコンバレーが衰退するわけではない

この記事はシリーズ「ネクスト・シリコンバレー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。