女性取締役が減った企業は22社

 一方で、女性取締役比率が5年前と比べて下がった企業は22社ある。5年前には女性取締役が1人いたものの、現在は0人になったのが4社。比率の下落が大きい順、つまりワースト順に並べると、ZOZO(小売)と日立金属(鉄鋼)は12.5%→0%、エービーシー・マート(小売)は11.1%→0%、そしてオービック(システム開発)は9.1%→0%となる。

ZOZO、日立金属など4社は女性取締役がゼロに
<span class="fontSizeL">ZOZO、日立金属など4社は女性取締役がゼロに</span>
取締役における女性比率が、2016年時点を比べて下がった企業の順位。
[画像のクリックで拡大表示]

 続く医薬品のアステラス製薬は、取締役の合計人数が6人から11人に増えたにもかかわらず、女性取締役の人数は1人のままで変わらなかったため、比率は16.7%から9.1%へ下がっている。

 短期間で女性取締役比率を上げるには、社外取を起用することが手っ取り早い方法ではある。しかし、数合わせは終わりにしたい。これからは、社内の人材を育成し昇格させて、女性社内取締役を増やすことが求められる。

■修正履歴
ローソンの女性取締役は2人ではなく、正しくは3人でした。本文や表など該当箇所を修正しました。お詫びして訂正いたします。[2021/8/26 13:55]
日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト

日本経済新聞社と日経BPは、2020年春に「日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト(WEP)」を始動させました。ジェンダー平等は日本の組織の成長に不可欠との信念を持ち、ダイバーシティー経営を実践している先進企業の事例や、第一人者たちのオピニオンを発信しています。さらに、大型イベントの開催、D&I勉強会&ネットワーキング、国連機関のUN WOMENとの連携なども行っています。経営層の方や、人事・経営企画・広報IRご担当の方、ダイバーシティーを推進するために私どもと一緒に活動しませんか? ぜひこちらのサイトからお問い合わせください。

この記事はシリーズ「上場企業300社、女性取締役の実相は? 日経xwoman独自調査ランキング発表」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。