社長を務めた故・布施孝之氏(左)は山形光晴氏(右)とともにキリンのマーケティングに力を入れた(写真:共同通信)
社長を務めた故・布施孝之氏(左)は山形光晴氏(右)とともにキリンのマーケティングに力を入れた(写真:共同通信)

 キリンビール社長を務めた布施孝之氏が2021年9月1日に61歳で急逝した。減益が続く負け戦が込んでいた15年に社長に就任後、17年から全社一丸の変革プロジェクト「布施改革」を推進してきた。結果、「本麒麟」の大ヒットや「一番搾り」のリニューアルなどを経て業界トップに返り咲く。「お客様のことを一番に考える」と常々口にしていた布施社長はマーケティングを重視した。その重責を担ったのが常務執行役員の山形光晴氏だ。

 山形氏は15年にP&Gからキリンに転職。キリンビバレッジを経て17年にキリンビールのマーケティング部長に就任した。「お客様第一だ」と語る布施社長に対し「当然その通りだ」と答え、二人三脚で布施改革に取り組んだ。当時の社内は名門ブランドにあぐらをかき、“お公家体質”ともやゆされる社風。商品開発やマーケティングは競合他社の動きに対応したものばかりだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1792文字 / 全文2187文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。