艶やかな黒がシルクのように輝くブラジャー。その光沢感となめらかさの正体は、旭化成アドバンス(東京・港)がつくるエコ生地だ。これは同社が掲げるエコ生地ブランド「ECOSENSOR(エコセンサー)」シリーズの1つで、スーツの裏地で有名な同社のキュプラ繊維「ベンベルグ」を混ぜて光沢感となめらかさを演出した。2021年に開発されたばかりの生地で、活用されるのはこれが初めてという。ただ、旭化成アドバンスが新製品を通して変革をもたらしたかったのは、環境負荷だけではない。新素材が持つ特性は、少なくない女性たちの悩みにも光明をもたらしつつある。

乳がんサバイバー向けに開発された「THE BRA」(写真:鈴木 愛子)
乳がんサバイバー向けに開発された「THE BRA」(写真:鈴木 愛子)

 10月10日、都内のある写真スタジオに集う女性たちの前に、ある下着が披露された。艶やかな黒色に輝く、ファッショナブルなブラジャーを目にした瞬間、女性たちからは歓声が上がった。

 「機能性が第一で、オシャレはどうしても二の次になってしまっていた。でも『下着のオシャレをまだしていいんだ』と前向きになれたし、誇らしく思えた」

 試着した溝口綾子さん(61歳)が微笑みながらそっとこぼした言葉。オシャレを捨てて機能性を最優先せざるを得なかった裏には、1つの変えられない過去がある。15年前の乳がん罹患(りかん)だ。

 乳房の切除や再建手術など、温存療法がかなわなかった乳がん患者には直面しなければならない課題がある。再建したとしても、従来と同じように下着を着けられるかというと、そうとは限らない。そこが乳がんのサバイバー(経験者)を悩ませるポイントでもある。

 こうした乳がんサバイバーの声なき声を拾い上げて、彼女らが着用しやすいような工夫を随所にこらして誕生したのが「THE BRA」だ。生み出したのは、大阪や東京にセレクトショップを展開するIZA(大阪市)と、高級下着ブランド「Albâge Lingerie(アルバージェ ランジェリー)」を展開するXY(東京・渋谷)だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2794文字 / 全文3621文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。