セブン―イレブン・ジャパンの公式ツイッターで解説したおにぎりの開け方。「#セブンの豆知識」のキーワードで様々な情報を配信している
セブン―イレブン・ジャパンの公式ツイッターで解説したおにぎりの開け方。「#セブンの豆知識」のキーワードで様々な情報を配信している
[画像のクリックで拡大表示]

 「#セブンの豆知識」というキーワードをご存じだろうか。

 約403万人のフォロワーを抱えるセブン―イレブン・ジャパンの公式ツイッターで使用しているハッシュタグだ。今夏、東京五輪・パラリンピックが開催された際に、インターネット上で注目を集めた。端的に言えば、「バズった」のだ。

 大会期間中、カナダから来日した外国人記者のあるツイートが拡散した。CBCのリポーター、アナスタシア・バクシスさんがセブンイレブンでおにぎりを買ったのだが上手に開封できず、その様子を動画でツイッターに投稿した。

動画で開封手順

 日本語で「助けてください」とつぶやいたところ大きな反響を呼んだ。中には図解でおにぎりの開封方法を教える人も現れた。

 この騒動にセブン―イレブン・ジャパンの公式ツイッターがすぐ反応。「海外からのお客様のために、きれいに取り出せるおにぎりの開け方をご紹介します」と日本語と英語で表記し、動画で開封の手順を示した(動画はこちら)。この投稿は「いいね」の数が1.2万回を超え、SNS(交流サイト)で広がった。

 対応に当たったのが「社長室」であったことを知る人は少ない。SNS投稿の中心となったのは同室の岡田浩平マネジャーだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1543文字 / 全文2066文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。