ウイスキー大国、インド。2014年に飲料事業から撤退したサントリーは、同国に再挑戦している。インド市場専用ウイスキー「オークスミス」を開発し、発売3年で累計販売数は200万ケースに迫る。現地で根付き始めた「やってみなはれ」の精神。好調の要因と、謎多きインドのお酒事情を探った。

インド北部のハリヤナ州グルグラムにある酒販店。若い客も多く、ウイスキーの人気が高い
インド北部のハリヤナ州グルグラムにある酒販店。若い客も多く、ウイスキーの人気が高い

 「ここ2カ月でサントリー・ウイスキーの『季(TOKI)』が2400本も売れているんだよ!」──。

 人の熱気に包まれた市街地に立つ酒販店の店主は、興奮気味に記者に語ってくれた。ここはインド北部、首都ニューデリー近郊のハリヤナ州グルグラム。酒販店には20~30歳代の若い客も多かった。インドの大卒の初任給は約2~3万ルピー(約3万6000~5万4000円)といわれる。

 しかし、店内では3000ルピー(約5400円)前後のウイスキー、季やジンの「ROKU(六)」が続々と売れていく。実はインド、世界最大のウイスキー消費国なのだ。サントリーホールディングス(HD)は、このウイスキー大国を攻略すべく、「やってみなはれ」の精神で文化も習慣も異なる市場の開拓に挑んでいる。

市場規模は「日本の10倍」

 市場調査会社の英IWSRによれば2021年のインド国内のウイスキー販売数量は2億1600万ケース(1ケース当たり9リットル換算)、2位の米国(8200万ケース)の3倍弱、日本(2000万ケース)の約10倍の市場規模を持つ。市場は今後も拡大が見込まれ、21年から26年にかけては年平均成長率4.2%と予測されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1102文字 / 全文1751文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。