ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)を再建した森岡毅氏の会社がハウステンボスの運営を支援する。ハウステンボスの株式を取得し、森岡氏の辣腕ぶりを知る香港拠点の投資ファンド、PAGが依頼した。新型コロナウイルス禍前のハウステンボスの経営は黒字基調だが、PAGはまだ伸びるとみて投資を計画している。

エイチ・アイ・エス傘下で一定の再建を果たしたハウステンボス(写真:共同通信)
エイチ・アイ・エス傘下で一定の再建を果たしたハウステンボス(写真:共同通信)

「テーマパークの経済効果はすさまじい。地域経済の核として、長崎を起点として九州、ひいては日本の活性化に貢献したい」

 マーケティング会社の刀(大阪市)を率いる森岡毅CEO(最高経営責任者)は10月3日、こうコメントした。ハウステンボスの株式は、エイチ・アイ・エス(HIS)が9月末、66.7%をPAG系の特別目的会社に売却。地元5社の保有分も合わせると売却額は約1000億円になる。

USJの株主だったPAG

 PAGが刀を選んだのは、約7年でUSJの入場客数を倍増させた森岡氏の手腕を見ていたからだ。USJは開業から数年で客数が低迷、その後、米金融大手ゴールドマン・サックスが株式を取得した。このとき、同じく株主として名を連ねていたのがPAG。USJの価値は数年で大幅に高まり、PAGも恩恵を受けたのは間違いない。

森岡毅氏率いるマーケティング会社、刀がハウステンボスの運営を支援する(写真:北山 宏一)
森岡毅氏率いるマーケティング会社、刀がハウステンボスの運営を支援する(写真:北山 宏一)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り711文字 / 全文1225文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。