在宅勤務の増加や“デジタル疲れ”を背景に引っ張りだこのマッサージチェア。業務用に特化した企画・開発会社、日本メディック(神奈川県藤沢市)は消費者の持て余した時間を次々と「マッサージタイム」へと変えるアイデアマーケティングで売り上げを伸ばしている。一度は民事再生法の適用を受け辛酸をなめたが、業務用に求められる付加価値とは何かを見つめ直し、復活を遂げた。

 「営業部隊には『消費者が時間を持て余している場所はすべて我々の市場になる。そこを攻めよう』とはっぱをかけているんですよ」。日本メディックの城田裕之会長は業務用マッサージチェアのシェア拡大に意欲を燃やす。

 イスに深く腰掛けてスイッチを入れると機器が全身を揉みほぐしてくれるマッサージチェアは家庭用が主流だが、フジ医療器(大阪市)などは業務用も手掛けている。業務用市場にあってこの10年、パイオニアだったフジ医療器を追い抜き、推定シェア6割を握るまでに成長したのが日本メディックだ。

業務用マッサージチェア市場で成長する日本メディックの城田会長
業務用マッサージチェア市場で成長する日本メディックの城田会長

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2821文字 / 全文3261文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。