ポイントプログラムの改廃や付与ルールの変更の裏側には、企業の戦略が密接に絡み合っている。4回目で取り上げるのは、クレジットカード決済などでひたすらマイルをためる「陸(おか)マイラー」の間で人気だった「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックスカード)」。2月24日から新たなカードに切り替わるが、そのサービスの変更内容から、カード発行会社のアメリカン・エキスプレス・インターナショナル(東京・港)と、提携会社であるホテルチェーン世界最大手・米マリオット・インターナショナル双方の戦略を読み解く。

■掲載予定 内容は予告なく変更することがあります
(1)ソフトバンク・ヤフー離脱の衝撃 Tポイントは生き残れるか
(2)“ポイント改悪”続きの楽天 始まったキャンペーンと顧客の選別
(3)ANAは陸でマイル圏拡大、三井住友は高ポイント還元カードで勝負
(4)陸マイラーに人気の「SPGアメックス」、「賛否両論」リニューアルの狙い(今回)

 ANAマイルをためるならANAカード、JALマイルをためるならJALカード。そう思われがちだが、実は「陸マイラー」の間で人気のカードがある。アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(東京・港)が、世界最大のホテルチェーン・米マリオット・インターナショナルと提携して発行する「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」(SPGアメックスカード)だ。

「陸マイラー」の間で人気だった「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」(SPGアメックスカード)
「陸マイラー」の間で人気だった「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」(SPGアメックスカード)

 カードの発行が始まったのは2013年9月。当時は「シェラトン」や「ウェスティン」で知られる米スターウッド・ホテル&リゾートとの提携カードだった。スターウッドはその後、16年にマリオットに買収され、19年には会員プログラムが「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」に統一されたが、その後も日本ではSPGアメックスカードの発行が続いてきた。

 だが2月24日、ついに「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」(以下、ボンヴォイプレミアム)に生まれ変わることになった。年会費をはじめ、サービス内容が大きく変更になる。SPGアメックスカードの既存会員も、5月11日以降の請求分から年会費が大幅に上がる。ネット上では、新カードは“改善”なのか“改悪”なのか、そして継続すべきか否か、さまざまな意見が飛び交っている。

 個々人のカードの利用スタイルによって評価は左右されるが、間違いないのは、アメリカン・エキスプレスとマリオットが明確な意図を持ってサービス内容を見直したということだ。今回はその戦略を読み解いていく。

2月24日から新カード「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に切り替わる
2月24日から新カード「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に切り替わる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3538文字 / 全文4665文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。