日経ビジネスが消費者1万人に「薦めたいブランド」を聞く今回の調査では、デジタルカメラについても調べた。首位となったドイツのライカカメラ、2位のニコンはカメラ市場で長らく存在感を放ってきた老舗メーカー。先行してカメラ事業を展開していたキヤノンなどを抜き、後発ながら3位に入ったのがソニーだ。

 日経ビジネスは消費者1万人を対象に、あるブランドをどれだけ友人や同僚に薦めたいかを11段階で選んでもらう「顧客推奨度(NPS)」を調査した。10~9点を選んだ人を「推奨者」、6点以下を「批判者」とし、全体に占める推奨者の割合から批判者の割合を引いてスコアを算出した。ブランドへの信頼、愛着の度合いが分かる。「NPSマップ」で、それぞれのブランドの立ち位置を比較した(調査、マップの概要を最後に掲載)。

 10分野それぞれの上位3社については「携帯、自動車、コンビニ… 愛される企業ランキング 1万人調査」で紹介した。今回はデジタルカメラついて、8位まですべて掲載する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1848文字 / 全文2290文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マーケティングのリアル」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。