防衛大学校の出身者はデジタル分野の起業家から、誰もが知る教育企業の経営者まで実は産業界で活躍している。戦略論を学ぶうえ、過酷な訓練や課せられる大量のタスクを通じて、「理不尽耐性」は学生時代に体得済み。学生寮の生活を通じて、組織をうまく運用する「リーダーシップ」の重要さも知っており、ビジネスに通じるスキルを備えている。

 2020年の東芝株主総会の運営を巡り、6月に公表された調査報告書。「東芝は経済産業省といわば一体となり、株主提案権の行使を妨げた」などとして、企業のガバナンス史上に残る内容となった。

 この調査で要となったのが、幹部の電子メールなどから得た資料約78万件を解析した技術「デジタルフォレンジック」だ。技術を提供したフロンテオ(東京・港)は、防衛大学校出身の守本正宏社長が2003年に設立した。

 AI(人工知能)の機械学習技術は大量のデータを読み込み、特徴を学習する。フロンテオのAIは自然言語処理に特化し、解析の手掛かりとなる「教師データ」が少量あれば、文書の類似性や文脈を捉え、必要な情報を抽出できるという。

守本氏は防衛大に通い、やり抜くことが習慣になったと強調する
守本氏は防衛大に通い、やり抜くことが習慣になったと強調する

 55歳の守本氏は、もともとパイロットを目指して防衛大に進学した。だが、夢は在学中の視力の低下によって断たれた。1989年に防衛大を卒業して、海上自衛隊の護衛艦で勤務、1995年に退官した経歴を持つ。

 最初に入った民間企業は半導体製造装置の世界最大手、米アプライドマテリアルズの日本法人だった。2000年にITバブルが崩壊し、業界の先行きが不透明になった頃、「自分のやりたいことを貫徹したい」と退職。ちょうど日本企業がフォレンジックを活用する米国の訴訟制度で苦戦している状況を知り、フロンテオを起業した。

トイレの明かりで試験勉強

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2804文字 / 全文3554文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「学歴ダイバーシティー 脚光浴びる高専、美大、高卒人材」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。