人材の宝庫として企業から秋波を送られる高等専門学校。連載1回目で取り上げたように大学卒と同等に採用されるだけでなく、高専出身者は企業の経営の中軸を担い始めている。まず手を動かし「走りながら考える」――。高専出身の持ち味を発揮する変革の旗手たちの現場を追った。

 「たたき上げの中のたたき上げ」。ダイキン工業の社内でこう評される人物がいる。呉工業高専(広島県呉市)出身の円垣内薫氏(59)。空調機の修理・保守などアフターサービスを通して顧客の課題を解決するサービス本部の本部長を務める。役職は役員待遇だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3468文字 / 全文3747文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「学歴ダイバーシティー 脚光浴びる高専、美大、高卒人材」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。