温暖化ガス削減関連の投資資金「グリーンマネー」は世界で4000兆円を超える。投資家は企業に気候変動のリスクを減らすための目標と具体的な行動、情報開示を強く求める。対応が優れた企業は評価され事業資金を得やすくなる一方、おろそかな企業は投資対象から外れて投融資の条件が悪化する。世界を覆う大潮流。資金の流れが企業に待ったなしの変革を迫る。第1回は「その金融商品、世界の気温を何度下げられますか」。

「企業価値が低迷する」。ブラックロックのラリー・フィンクCEOは企業に対して脱炭素対応が遅れるとステークホルダーの信頼を失うと警告する
「企業価値が低迷する」。ブラックロックのラリー・フィンクCEOは企業に対して脱炭素対応が遅れるとステークホルダーの信頼を失うと警告する

金融工学のデータ分析力と気候科学とを融合

 「世界の気温上昇を1.5度以下に抑制できるような組み合わせで投資信託を購入したい」。近くこんな資産運用ができるようになる。運用資産約1000兆円の世界最大級の資産運用会社、米ブラックロックは12月からの開始を目指し、金融商品の気候変動への影響を温度で示す世界でも類を見ない試みに挑む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1965文字 / 全文2337文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「脱炭素レボリューション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。