デンマーク首都のコペンハーゲンにあるオーステッド本社
デンマーク首都のコペンハーゲンにあるオーステッド本社

 デンマークの首都コペンハーゲンの中心部から北西に向かう幹線道路は北欧らしい針葉樹に覆われていた。クルマで20分ほど進むと洋上風力発電の世界最大手、オーステッドの本社が見えてくる。3階建ての外光を取り入れたビルはエントランスも小ぶりで、質素な印象だ。

 そのオーステッドに今、世界の熱い視線が注がれている。市場が急拡大する洋上風力発電市場で圧倒的な存在感を誇っているからだ。これまで世界の海に1600本以上の風力発電機を設置し、7.6ギガワット時(GWh)もの発電量がある。原子力発電所7基分に相当し、デンマークの総人口を超える1500万人分の電力供給ができる規模だ。

 陸上風力や太陽光発電などの再エネも手掛け、カナダのコーポレートナイツ社が実施した2020年のサステナビリティ企業ランキングで世界1位に選ばれた。同社のクリーンな電力は、世界の大手企業を引き付ける。米アマゾン・ドット・コムや台湾の半導体世界最大手TSMCなどに、長期契約で再エネを供給する。

 旺盛な需要を受け、業績は右肩上がりだ。20年12月期の最終利益は167億デンマーククローネ(約2900億円)で、売上高純利益率は32%に達する。10月6日時点の時価総額は3579億クローネで、東京電力ホールディングスのおよそ10倍だ。

 なぜ、世界中に多くのエネルギー会社がある中で、小国デンマークにあるオーステッドが再エネで突出した実績を上げているのか。本社や洋上風力発電所、風力発電機の工場、出荷の港を訪れ、その秘訣を探った。

母国開催COP15が転機に

 本社4階の役員フロアで出迎えてくれたのは、副CEO(最高経営責任者)のマルティン・ノイベルト氏だ。08年に入社した古参の経営幹部であり、同社の苦難の歴史を熟知する。歴史を振り返ってもらうと、「かつては石炭火力発電所も手掛ける古い会社だった」と切り出した。

副CEO(最高経営責任者)のマルティン・ノイベルト氏。1973年生まれ。コンサルティング会社を経て、2008年にオーステッドに入社し、洋上風力発電事業のトップなどを経て現職 (写真:Maya Matsuura)
副CEO(最高経営責任者)のマルティン・ノイベルト氏。1973年生まれ。コンサルティング会社を経て、2008年にオーステッドに入社し、洋上風力発電事業のトップなどを経て現職 (写真:Maya Matsuura)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3170文字 / 全文3977文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「脱炭素レボリューション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)