ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、英エネルギー大手のBPやシェルなど資源メジャーがロシアのエネルギー事業からの撤退を決めた。対照的に手を引けないでいるのが日本やドイツだ。北海で原油や天然ガスを採掘できる英国と違い、特に日本は独自資源が乏しい。現在のエネルギー事情を見渡すと、選択肢が乏しい日本の極めて困難な現実が浮かび上がった。

 円安・ドル高が進んで輸入物価は上がり、政府がエネルギーの節約を国民に呼びかける――。現在のウクライナ危機によってあり得る想定にも見えるが、1975年の小説『油断!』の内容だ。

 後に旧経済企画庁の長官を務めた故・堺屋太一氏が第1次石油ショックの2年後に発表。再び世界が原油不足に見舞われるとのシナリオを示した。実際、79年にはイラン革命を発端として第2次石油ショックが起きた。

 現在、自民党でエネルギー政策に詳しいある議員は「あの小説を単なるフィクションと思ってはいけない。当然のように使っている油が断たれるから『油断』だし、足元の日本ではLNG危機にならないよう全力を尽くす必要がある」と語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4174文字 / 全文4668文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「脱炭素レボリューション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。