(前回は「『ESG役員、あえて廃止』食品の陰の実力者、不二製油の事件」)

エネルギー多消費型と思われてきた資源・インフラ開発が脱炭素にかじを切る。鉱山での再生可能エネルギー導入や洋上風力発電に注力する三菱商事は、エネルギー変革に向けて2兆円の巨額投資も決定した。さらに日本近海で洋上風力を増やすには、「浮体式」で技術力のある戸田建設も鍵を握る。

 「温暖化ガス排出削減の取り組みとして、ケジャベコ銅鉱山では操業開始時から全ての使用電力を再生可能エネルギーで賄う」。三菱商事の田中格知常務執行役員(金属資源グループCEO)は、こう強調する。

 この銅鉱山はペルー南部に位置し、2022年内の操業開始予定だ。約750万トンの埋蔵量がある世界最大規模のプロジェクトで、三菱商事は10年前に参画した。

世界最大の銅生産量を誇る、チリのエスコンディダ銅鉱山。三菱商事は1988年から参画し、現在は再エネを活用して操業している(写真=三菱商事)
世界最大の銅生産量を誇る、チリのエスコンディダ銅鉱山。三菱商事は1988年から参画し、現在は再エネを活用して操業している(写真=三菱商事)

 広大な敷地を重機が走り回る鉱山開発は、エネルギー多消費型事業のイメージがあるかもしれない。しかし、同社は現地で操業する電力会社と契約し、風力発電由来の電気によって鉱石を運ぶベルトコンベヤーなどを動かす。チリ北部のエスコンディダ銅鉱山でも21年から再エネ電力を活用しており、続々と二酸化炭素(CO2)削減対応が進む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2788文字 / 全文3310文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「脱炭素レボリューション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。