手元に1000万円あったら、いくらまで投資に回すべき?

 つまり常に500万円の全額をリスク商品に投入するのではなく、その内の何割かはキャッシュ(預金)で持っておく方がよいと思う。要は投資するにあたっては、それが仮に投資用の資金だとしても一定の割合は現金で置いておくべきだと考えているのだ。この理由は長年投資をしている人であればわかるだろう。

 なぜなら、投資をしていて暴落に見舞われることはいつでも起こり得るからだ。人によっては「明らかにバブルだと思う時は一旦、全部売っておき、下がった時点でまた買えばいい」という人もいるが、失礼ながらそんなことをいう人は株式投資の経験のあまりない人か、よくわかっていない人だろうと思う。

 そもそも、いつがバブルなのかなどということは誰もわからない。バブルというのは弾けてみて初めてわかるのだ。それに、下がったところでまた買えばいいというが、実際に経験してみると、そんなことはまず不可能だということがわかるだろう。下がると誰もが「まだ下がるかもしれない」という不安にかられる。下がった時に底値近辺で買うなどということは、理屈はその通りでもなかなかできるものではない。

次ページ 投資家が悔しくてたまらない2つのシーン