個人投資家の増える昨今だが、「株高につられて始めたものの、期待ほど儲(もう)かっていない」「思わぬ損をしてしまった」という嘆きの声を聞くことがある。なぜ、市場が活況にもかかわらず、たいした結果を残せないのか。それは「投資の原理原則を理解していないから」と、経済コラムニストの大江英樹氏はいう。
 今回は、個人投資家が心得ておくべき大原則について。株価好調の今だからこそ、いつか来る暴落に備え、3つの原則を理解しておくことには大きな意味があるという。『あなたが投資で儲からない理由』(日本経済新聞出版)より抜粋する。

暴落は、株価絶好調の宴の最中に始まる

 いきなりネガティブな話のようで恐縮だが、投資というものは決して簡単なものではない。ましてや投資をすれば必ず儲かるということはあり得ない。

 この数年間、世の中の風潮としては「貯蓄から投資へ」というのが一つの流れとなっており、誰もが投資をした方がいいという空気になっている。加えてアベノミクスが始まって以降は、紆余曲折(うよきょくせつ)はありながらも基本的には上昇相場が続いてきたため、この間に投資を始めた人は多かれ少なかれ上昇相場の恩恵を受けて利益を手にしている人が多いはずだ。

 でもそれはこの数年間、たまたま運が良かっただけといえないこともない。

 どんなに好調な相場が続いても、それが永遠に続くということはあり得ない。直近でいえば、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった2020年3月に株式市場が大きく下落し、肝を冷やした人も多かったことだろう。たまたまコロナ禍での暴落は一瞬だったが、いつもそうとは限らない。今後もリーマン・ショッククラスの下落は10年に一度ぐらいの頻度で起きることは十分にあり得る。

 私は1974年から証券会社で仕事をしてきたので、ほぼ半世紀近くにわたって株式市場を見てきたが、少なくともリーマン・ショッククラスの下落は4回経験をしている。そしてそんな暴落が始まる直前はまさに宴(うたげ)の真っ最中で多くの人が株価上昇の恩恵に酔いしれている時なのだ。

暴落は突然やってくる。その時期は予測できない(写真:foxaon1987/Shutterstock.com)
暴落は突然やってくる。その時期は予測できない(写真:foxaon1987/Shutterstock.com)

 結果として多くの人が突然冷や水を浴びせられ、失望と怨嗟(えんさ)の念と共に株式市場から離れていくという場面を何度も見てきた。恐らくこれからもそういうことは繰り返されていくだろう。

続きを読む 2/4 長期・積立・分散投資が常に正しいとは限らない

この記事はシリーズ「あなたが投資で儲からない理由」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。