個人投資家の増える昨今だが、「株高につられて始めたものの、期待ほど儲(もう)かっていない」「思わぬ損をしてしまった」という嘆きの声を聞くことがある。なぜ、市場が活況にもかかわらず、たいした結果を残せないのか。それは「投資の原理原則を理解していないから」と、経済コラムニストの大江英樹氏はいう。
 今回は、「買ったもののいっこうに上がらない」株や投資信託について。こういう場面の行動にこそ、儲かる人と儲からない人の差が如実に表れると大江氏はいう。『あなたが投資で儲からない理由 』(日本経済新聞出版)より抜粋する。

「買ったけど、ちっとも上がらない」はごく普通の状況

 投資というのはいくら論理的に考えても、いくら筋の通ったやり方でも必ず想定通りに価格が上がって儲かるとは限らない。株価は理屈で動くわけではなく、人々の感情やそれに基づく行動が引き起こす需給関係に影響を受けるからだ。

 つまり前回 お話ししたように、株価は“影”なのである。その企業が本来持っている価値を株価が常に正しく表しているわけではない。株価というものは往々にして人々の不安や期待感が反映されるからだ。

 したがって、その企業が多くの人に評価され、人気が出てくるまでには時間のかかることがある。いやむしろ時間のかかることの方が多い。3カ月、半年くらいはまだいい方で中には何年もかかる場合もある。したがって「買ったけど、ちっとも上がらない」というのはごく普通の状況なのだ。もちろん、まさに今人気になっていて上昇相場の真っ最中という状態であればそんなことはない。買ってすぐに上がることは多いだろうが、このような株は逆に高値づかみをしてしまう可能性も大きい。

 投資の基本は、前回説明した通り、実体に比べて「影が小さい」、すなわち株価が割安になっている時に買うということだ。人気のない時に買うわけだから、すぐに上がらないのは当然なのだ。よく、「良いと思って買ったのに」あるいは「良いといわれて買ったのにちっとも上がらないじゃないか」と不満をいう人がいるが、そういう人は投資の基本が分かっていないといっていいだろう。いつ上がるかなんて誰にも分からない。

 でも成長性や利益の実体がしっかりしている企業であれば、いずれその株価は正当に評価される時が来て上がる。それまで“待つ”のが投資家の大事な仕事なのである。

買ってすぐ上がらないのは当然のこと。その時の行動に投資家の真価が問われる(写真:PIXTA)
買ってすぐ上がらないのは当然のこと。その時の行動に投資家の真価が問われる(写真:PIXTA)
続きを読む 2/3 積立インデックス投資で、プラスが増えない場合も買い続けるべきか

この記事はシリーズ「あなたが投資で儲からない理由」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。