中国の新興EV(電気自動車)メーカー、上海蔚来汽車(NIO)が2022年3月28日、フラッグシップと位置づけるEVセダン「ET7」の納車を開始した。米テスラのような高級路線を進むNIOは、最新の技術を搭載する高級車を次々に投入して、「ABB」(Audi、BMW、Benzの頭文字)などの高級ガソリン車のユーザーを獲得しようとしている。ここまでは赤字が続く「中国のテスラ」は飛躍できるだろうか。

生産ラインで完成したEVセダン「ET7」(写真:NIO)
生産ラインで完成したEVセダン「ET7」(写真:NIO)

 ET7は「NIOオートノマスドライビング(NAD)」と呼ぶ自動運転技術を搭載する高級モデルで、価格は43万6000~51万3000元(約850万~1000万円)。航続距離は、75キロワット時(kWh)の電池を搭載するモデルが530キロメートル(km)、100kWh電池のモデルが675kmに達する。驚くべきは150kWhモデルが「固体電池」を搭載することだ。

ニューヨーク証券取引所に上場

 日本ではあまりなじみのないNIOは「中国のテスラ」とも言われる新興メーカーだ。自動車情報サイト「易車」の創業者である李斌氏(現在はNIOの最高経営責任者=CEO)が14年に上海でNEXT EVを設立。17年にNIOに社名変更し、18年には米ニューヨーク証券取引所(NYSE)で上場した。

NIOの親会社である蔚来集団は22年3月に香港取引所に重複上場した(写真:NIO)
NIOの親会社である蔚来集団は22年3月に香港取引所に重複上場した(写真:NIO)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3057文字 / 全文3615文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「湯進の「中国自動車最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。