雪上や氷上の熱い戦いが繰り広げられてきた北京冬季五輪。その選手や関係者の移動手段として約1000台もの燃料電池車(FCV)が投入されている。中国政府や地方政府もFCVの普及やサプライチェーン構築に向けた推進策を打ち出している。電気自動車(EV)の普及に積極的な「EV大国」の中国に、FCVブームの兆しが見えてきた。

トヨタ自動車の燃料電池マイクロバス
トヨタ自動車の燃料電池マイクロバス

 2月4日に行われた北京冬季五輪の開会式。国名が記されたパネルを並べた雪の結晶のオブジェに、聖火リレーの最終走者が運んできたトーチを差し込んで聖火台を完成させる演出が話題になった。この聖火をともし続けるために供給されているのは水素燃料だ。

 水素燃料は北京冬季五輪における人の移動も支えている。選手や関係者の移動手段として約1000台もの燃料電池車(FCV)が投入された。中国商用車大手の北汽福田汽車は崇礼競技区に水素バス515台など、トヨタ自動車は水素マイクロバス「コースター」107台、2代目「ミライ」140台を供給した。

 水素を燃料とすることで、走行距離1万km当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を約11.8トン削減できるという。中国政府は五輪を舞台に、カーボンニュートラルに向けたグリーンエネルギー活用の取り組みを世界にアピールしている。

 走行時にCO2を発生させないFCVは電気自動車(EV)に比べて航続距離が長く、燃料充填時間が短い利点がある。また、EVは寒冷地や山地で電池性能が低下しやすい課題があるため、気温が低い北京冬季五輪会場ではFCVが最適だった。

 こうした国家レベルの産業推進策の実行と歩調を合わせるように、地方政府も水素エネルギーの活用やFCVの普及を推進する計画を相次いで打ち出している。EVの普及に積極的な中国だが、FCVも急速に普及する可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3011文字 / 全文3780文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「湯進の「中国自動車最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。