東京オリンピックで金メダルを目指す「リレー侍」のメンバーが決まった。陸上男子400メートルリレーの日本チームは、今やオリンピックや世界選手権でのメダル常連だ。見ているほうがドキドキする緊張感のあるレースで、リレー侍が冷静に実力を発揮できる理由は何か? 『最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル』(原田隆史著、日経BP)の一部を抜粋・再構成して解説します。

(前回から読む)

スタートラインに立った時点で勝負は決まっている

 「スタートラインに立った時点で、すでに結果は決まっている」。スポーツの世界では、よくそう言われます。それは本番までにどれだけ練習したかという意味もありますが、「どんな気持ちでスタートラインに立てるか」が勝敗のカギを握っていることを表しています。つまり、いかなる準備をして、メンタルを整えるか――。目に見えない「心の部分」が勝負の分かれ目だということです。

 陸上400メートルリレーは、極限のスピードで走りながらバトンをつなぐという緊張感のあるレース。選手たちには高い集中力が求められる戦いです。歴代の日本男子チームはバトンパスの技術を「お家芸」と言われるほどに磨き、タイムを上げ、オリンピックや世界選手権でメダルを獲得してきました。

2008 北京五輪 2位
塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治

2012 ロンドン五輪 4位
山縣亮太、江里口匡史、高平慎士、飯塚翔太

2016 リオデジャネイロ五輪 2位
山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥

2017 ロンドン世界陸上 3位
多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司

2019 ドーハ世界陸上 3位
多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・アブデル・ハキーム

日本代表チームが銅メダルを獲得した2019世界陸上ドーハ大会男子4×100メートルリレー決勝。急きょの出場となった第1走者・多田修平選手から第2走者・白石黄良々選手へのバトンパスがきれいに決まった(写真:アフロ)
日本代表チームが銅メダルを獲得した2019世界陸上ドーハ大会男子4×100メートルリレー決勝。急きょの出場となった第1走者・多田修平選手から第2走者・白石黄良々選手へのバトンパスがきれいに決まった(写真:アフロ)
続きを読む 2/4 400メートルリレー、勝負のポイント

この記事はシリーズ「最強アスリートの「勝利のメンタル」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。