陸上男子100メートルで東京オリンピック代表の座をつかんだ多田修平選手と、メジャーリーグで大活躍を続ける大谷翔平選手。2人のメンタルの強さを支えたのが「オープンウィンドウ64」と呼ばれる書き込み式のシートです。トップアスリートたちの「強さの秘密」について、 『最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル』『最高の教師がマンガで教える目標達成のルール』(原田隆史著、日経BP)の一部を抜粋・再構成して解説します。

(前回から読む)

激戦の陸上日本選手権男子100メートルを制し、東京オリンピック代表の座をつかんだ多田修平選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 前回は、陸上男子100メートルで東京オリンピック出場が決まった多田修平選手が、日誌を書いて練習や生活の態度、そしてメンタルを整えてきたことを紹介しました。今回は多田選手が掲げた目標と、その達成のための行動を具体化した方法を紹介します。それは原田メソッドで「オープンウィンドウ64」と呼ぶ書き込み式のシートを使うもので、メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手も実践していました。

「目標達成のためにやるべきこと」を自分で考えるツール

 ここに掲載したのは、多田修平選手が大学4年生のときに書いたオープンウィンドウ64です。

出典:『最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル』71ページ

 オープンウィンドウ64では、8×8=64のマスに、目標達成に向けた具体的な行動を書き込んでいきます。「目標達成のためにやるべきこと」を自分で考えるツールです。

 まずシートの中心に、あなた(またはあなたを含む集団)が成し得たい目標を1つ書きます。次に、その目標の達成に必要な要素をその周りの8つのマスに書き込みます。これを「基礎思考」と言います。

 次にこの8つの基礎思考を、放射状に伸ばした8つのマスに写し、その達成のために行う具体的な行動を周囲8マスに書き込んでいきます。「○○する」という形式で行動を示します。これを「実践思考」と言います。

 基礎思考から実践思考へと行動を具体化していく。目標を中心にして、その達成に向けた行動を「8×8=64の実践思考」へと展開していく。それがオープンウィンドウ64の機能です。

多田選手が掲げた目標は「東京オリンピック100mでメダル獲得」

 多田選手が書いたオープンウィンドウ64の中心には「東京オリンピック100mでメダル獲得」と書き込まれています。そして基礎思考は「筋力強化」「ポジティブ思考」…「9秒7台」などと具体的です。さらに実践思考は「やるべきこと」が行動化されていて、しっかり実行できるようになっている。とても素晴らしいと思います。

続きを読む 2/3 米メディアも注目した「大谷マンダラ」

この記事はシリーズ「最強アスリートの「勝利のメンタル」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。