SIerのプロマネやSEは「本物のプロ」か

 しかも、SIerは自らの仕事も安くおとしめている。冒頭で書いたように優秀な(はずの)プロマネがたかだか1000万円程度の給与で満足してるのだから、驚くべきことだ。SEも同様だぞ。システム開発の上流設計などを担うわけだから、ITコンサルタントの職務と隣接する職種だ。客から業務改革の提案を求められることもあるわけだから、優秀なSEならばプロマネに近い報酬を受け取っても罰が当たらない。それに日本ではSEとプロマネの兼務もよくあるケースだしな。

 ああ、それなのに、である。SIerの技術者たちはそんな安いサラリーに満足しつつ「私たちと下請けITベンダーの技術者ではやっていることが違うので、待遇に差があって当然だろ」とうそぶくのだから、笑うほかない。さらにいえば、SIerはSEとしてもプロマネとしても箸にも棒にもかからない技術者を多数抱えている。もちろんプログラムも満足に書けない。にもかかわらず、下請けITベンダーの優秀な技術者よりも高給取りだから、本来なら「待遇に差があって当然」なんて、とても言えないはずだ。

 SEの場合、さらに問題がある。「SEの仕事って何」っていうほど、SEの業務内容が意味不明になっている。これは言葉のあやじゃないぞ。実際に、若手技術者がSEに名刺を持たされたが、SEとは何か分からず、聞いても調べても分からず悩んだという悲話を聞いたことがある。要するに、誰でも彼でも「SE」だから混乱するのだ。下請けITベンダーのプログラマーもコーダーもSEだし、ずぶの素人なのに名刺にSEと記載されているケースもごく普通だ。

 要するに人月商売のIT業界においては、専門職であるSEが「何でも屋」に落ちぶれてしまっているわけだ。本来、SEはプログラムを書くことが仕事ではない。にもかかわらず、プログラマーもSE扱いだから「プログラムを書かないSEって何よ」とばかにされることになる。実は、SEの明確な定義は厚生労働省のWebサイトの「専門業務型裁量労働制」のページにきちんと記載されている。以前、この極言暴論でも記事にしたので、詳細についてはそちらを参照してほしい。

関連記事 上司の裁量なのに裁量労働の噴飯、SEの現実をよく見よ!

 いずれにせよ、SIerはプログラマーだけでなく、自らの本業であるプロマネやSEの仕事の価値を落とし、その職を担う優秀な技術者に報いるのに安い給料で済ませている。ただねぇ、彼ら彼女らが本当に優秀なプロマネやSEなのかというと、かなり疑問が残る。そもそも「おっしゃっていただければ何でもつくりますよ」というご用聞き体質で、客の利用部門のわがままを要件として仕様を膨らませ、客のさらなるわがままを制御できずにプロジェクトを定期的に炎上させている――。そんなSIerに、本物のSEやプロマネがいるのかという疑問である。

 以前、米国で大規模なシステム開発プロジェクトなどを数多く手掛けたという豪腕プロマネから話を聞いたことがあるが、この人は「相手が誰であれ絶対に信用してはいけない」と言い切っていたな。相手が客であっても緊張感を持って対峙し、全ては契約書に書かれている約束に基づいてプロジェクトを遂行する。もし客が何らかの変更を求めるなら、契約の中身を変更して再契約を結ぶ。もちろん、強靱(きょうじん)な意思と強力なリーダーシップが前提だ。まさに「私、失敗しないので」というタイプの人だった。

 まあ米国流なんだろうが、これこそ「本物のプロ」「3000万円プレーヤー」という印象だった。日本のSIerにこうした本物のプロは何人いるだろうか。それはSEも同じだ。ハードウエアやミドルウエアなどは「鉄板」の組み合わせで済ませて新技術は一切使わず、あとは客のご用を聞きまくった要件と、ERP(統合基幹業務システム)などの機能とのフィット・アンド・ギャップ分析を基に、アドオンを設計するだけ。これじゃ一応SEだとしても、とてもじゃないが「本物のプロ」とは認定できないから、安いサラリーでも仕方がないか。

次ページ 落ちぶれたIT部門も技術者をおとしめた