大企業では、IT部門の出身ではない人がCIO(最高情報責任者)の役割を担うケースがある。最近ではむしろそのほうが多いはずだ。では、任命された人が「やった!」と喜ぶかというと、全くそんなことはない。逆に「恐ろしい」「えらいことになった」「貧乏くじを引いた」などと我が身の不幸を嘆く人が結構いるのが、このCIOという仕事だ。

 この話は今回の「極言暴論」の単なる前振りなのだが、「なぜなのだ。意味が分からん」と感じる読者もいると思うので、少し解説しよう。まずCIOだが、そもそも日本では「CIO」という役職を明確に定めている企業は少ない。で、「CIOっぽい役割の人は誰?」という話になる。大概の場合、CIO相当と見なされるのが「執行役員IT部長」、あるいは「常務IT担当」などといった役員だ。

 話がややこしいのは、中堅・中小企業ならCIO相当は執行役員IT部長のみの場合が多いが、大企業だと執行役員IT部長に加えて、常務IT担当(企業によっては専務や副社長の場合がある)もいる点だ。つまりCIO相当が2人いるのだ。勘違いしないでほしいが、これはCIOの他にCDO(最高デジタル責任者)がいるといったケースと同じではない。執行役員IT部長の上司が常務IT担当といった具合に「CIO相当の直列つなぎ」状態なのだ。

 前振りの説明があまり長くなっても何だが、あと一言だけ。「CIOが2人もいるなんて大したものだ」と感心してはいけない。執行役員IT部長はIT部門の親分だから、経営やビジネスが分からない。常務IT担当のほうは財務や営業の担当が本職で、IT担当は兼務しているだけで「よう分からん」という人が多い。経営やビジネスが分からないCIO相当とITが分からないCIO相当が直列つなぎになったところで、2人合わせてまともなCIOが担当できるわけではない。人呼んで「なんちゃってCIO体制」である。

関連記事 二人CIOという無責任体制

 さて、記事冒頭で書いたように「恐ろしい」「えらいことになった」「貧乏くじを引いた」などと嘆いているのは、もちろん、ITが「よう分からん」というCIO相当、つまり常務IT担当のほうだ。誰もが「ITも君が見てくれ」と言われた際は青天のへきれきだったろう。なぜ貧乏くじなのかと言うと、まともに動いて当たり前の情報システムを担当したところで何の実績にもならないからだ。反対にシステム障害などが起こって社長の謝罪会見といった事態になれば、自身のキャリアがジ・エンドになりかねない。

 直接ご本人たちから確認したわけではないが、2020年秋の東京証券取引所のシステム障害や、2021年2月に発生したみずほ銀行のシステム障害を目の当たりにして、世のCIO相当の常務IT担当たちはさぞや肝を冷やしたことに違いない。実は、常務IT担当が感じている不安は、経営サイドのシステム障害への恐怖を代表している。直接ITを統括する常務IT担当だけでなく、経営者だって「下手をしたら自分の首が危ない」と不安に思っている。で、実際にシステム障害が発生すると、右往左往して醜態をさらす結果となる。

続きを読む 2/4 たかだか7万人への迷惑で社長が謝罪会見の理不尽

この記事はシリーズ「木村岳史の極言暴論!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。