今回は「人月商売のIT業界」をお題に、あまり出来のよくない謎掛けから始めることにしよう。人月商売のIT業界と掛けて、ブラックホールと解く。その心は、一度入り込むと二度と出てこられないでしょう。うーん、やはり下手くそだと苦笑するしかない。

 ただ、下手くそであってもこの謎掛けは、人月商売の恐ろしさを物語っている。例えば新進気鋭のITベンチャーであっても、提供するクラウドサービスなどの売り上げが伸びず経営的に苦しい状況が続くと、人月商売のIT業界というブラックホールの強力な引力に捕まってしまう。というか、ITベンチャーの経営者が自らこのブラックホールに飛び込んでしまうといったほうがよい。

 要するに、経営が苦しいので下請けのソフトウエア開発に手を出すわけだ。ソフトウエア開発と言えば聞こえは良いが、SIerが仕切るシステム開発の現場に手配師役のITベンダーを介して、SES(システム・エンジニアリング・サービス)契約で自社の技術者を送り込む。つまり、人月商売の多重下請け構造の下層に位置するITベンダーと同じように、人売り業に手を染めるわけだ。

 人月商売のIT業界というブラックホールに自ら飛び込んだのは、経営不振の中にあっても技術者ら従業員の雇用を守りたいという経営者の思いからかもしれないので、人売り業に手を染めたと言うのは少し酷かもしれないな。なので、本業であるクラウドサービスなどが軌道に乗るまでと期限を切って、人売りに取り組むのであれば、それはそれで是認できることかもしれない。売られていって客先で苦労した技術者も本来の仕事に戻れるならば、いっときの辛抱で済む。

 だが、経営者が気づいたときには、もはやブラックホールからは脱け出せなくなっている。本業のクラウドサービスなどが軌道に乗らないからというよりも、ブラックホールの中の居心地があまりに良すぎて、本業で勝負しようという志や覇気を吸い取られ切ってしまったからだ。「人月商売の下請け稼業は本当に楽。多重下請け構造の一員に納まっていれば仕事を安定的に確保できるから、悪夢にうなされることもなく眠れるよ」。ブラックホールに吸い込まれてしまった、かつてのITベンチャーの経営者からそんな話を聞いたことがある。

 そんな訳なので、今でも人月商売のIT業界の業界団体に新規加盟する(かつての)ITベンチャーが絶えない。もちろん全部が全部、それが理由というわけではないと思うが、業界団体に加盟して、SIerや下請けITベンダーの経営者と交流を重ねておけば、下請け仕事や人売り先を紹介してもらえる確率が高まるからね。かくして、かつてのITベンチャーはブラックホールに吸い込まれたまま、出てこられなくなるというわけだ。

次ページ ブラックホールに吸い込まれたITベンダーの面々