人月商売のITベンダー、特にSIerの幹部や技術者には、コンサルタントが大嫌いという連中が大勢いる。「コンサルタントの話によれば……」などと聞こえただけで、途端に不機嫌になったり、いきなり侮蔑の表情を浮かべたりするから始末に負えない。何て言うか、そう、脊髄反射のような反応である。彼ら/彼女らからすると、コンサルタントは「口先だけで高額報酬を得ているやつら」に見えるらしい。

 IT業界の技術者に出来の悪い連中が大勢いるように、コンサルタントの中にも「よくまあ、それで『コンサルタント』の名刺を持っているな」とあきれるような連中も大勢いる。なので、コンサルタントの肩を持ってこんな話をしているわけではないからな。そうではなくSIerの幹部や技術者の妬みや劣等感、思い込みが嘆かわしいので、この「極言暴論」でばっさり斬ってやろうと思ったのである。それにしても、なぜ彼ら/彼女らは(コンサルタントのように)客からリスペクトを勝ち取る努力をしないのだろうか。

 そんなコンサル大嫌いの幹部や技術者の中には、本当にとんでもなく愚かな連中がいるから驚いてしまう。例えばこんなふうに言う。「客の社長に気に入られたコンサルタントが基幹系システムの刷新に合わせて提言をまとめたが、あんなことをやったら業務が回らなくなる。なので、我々がIT部門と協力してゼロベースで(=提言を無視して)要件定義をまとめた」。そのうえで「客に寄り添っている我々だからこそできる仕事だ」などと自慢の決めぜりふまで入れてくる。

 読者の中にも、SIerの技術者らがそんなふうにうそぶくのを聞いたことがある人もいるはずだ。ひょっとしたら、あなたもそんな妄言を語った連中の一味かもしれないが、これって客に対する背信行為だからな。もちろん、コンサルタントが無能だったり、雇った客の経営者が愚か者だったり、あるいはその両方だったりするから、こんな行為に及んだのかもしれない。だがいずれにせよ、これは絶対にしてはいけないことなのだ。

 なぜなら客の経営者は基幹系システムの刷新に合わせて業務改革などを志したからこそ、コンサルタントを雇ったはずだ。で、一定の結論を見た。にもかかわらず、SIerとIT部門、そして利用部門は「これじゃ業務が回らなくなる」と勝手に判断して、経営者に無断で換骨奪胎してしまう。恐らく再構築した新システムは「現行通り」の代物になったはずだ。にもかかわらず「業務改革などを完遂した」と口裏を合わせる。これを背信行為と呼ばずに何と呼ぶのだろうか。そんなことも分からなくなるほど、コンサルタントの仕事を軽んじているわけだ。

 こうしたコンサル嫌いの連中は、なぜ客はコンサルタントに高額報酬を払うのか、なぜ客の経営者がコンサルタント“ごとき”を「先生」と呼ぶのか、その意味を全く分かろうとしていない。で、「ITが分からない社長をだまくらかした」とか「何らかの手段で社長に取り入った」といった妄想をたくましく膨らませる。私も取材などで何度そんなくだらない妄想を聞かされたか分からない。そんなことをするより、まずはなぜコンサルタントは客の経営者に会ってもらえるのかを真剣に考えたほうがよいぞ。

関連記事 コンサルは経営者になぜ会える? IT部門とSIerの妄想の愚かさ

次ページ SIerの暗躍とコンサル会社の防御策