「デジタルカイゼン」のための開発に堕落

 何が一番「あー怖い」かというと、とりあえずつくってみたというシステムだらけになることだ。この手のシステムは当然、その場しのぎ、かつ部分最適の塊となる。要件定義などの上流をなおざりにしていることの最大の問題点は、全体最適の観点が全く考慮されなくなることだ。これは本当に怖いぞ。とりあえずつくってみた訳の分からないシステムが林立し、収拾がつかなくなること請け合いだ。

 ところが、多くの企業がこれを恐ろしいことだと思わない。何せ、先ほど書いたように経営者が「何でもいいからDXの成果が欲しい」と騒いでいる状態だからな。それに多くの企業で「現場主導のDX」といった話が大真面目で語られているわけだしね。現場主導のDXというのは、現場で取り組むデジタル変革のことらしい。そして現場主導のDXを実現するには、アジャイル開発をこなせる技術者を中途採用したり、事業部門でローコード開発ができる人材を育成したりしようという話になる。

 現場主導のDXの話をボーッと聞いていると、まともな取り組みだと思ってしまう可能性もあるが、それって大きな勘違いだからな。いつも言っている通り、DXとはデジタル(=IT)を活用したビジネス構造の変革だ。つまり全社的な変革であり、全体最適の追求だ。それからすると現場のDXなるものは、ちょっと何を言っているのか分からない話のはずである。

 だが日本企業の間では、現場主導のDXなるものが広く受け入れられている。以前、現場主導のDXに取り組んでいるという企業の人に「おかしいのでは?」と聞いてみたら、次のような答えが返ってきた。「全社的変革とか、全体最適とかいった理想論は分かるが、日本企業には無理。そもそも社長がDXを現場に丸投げだしね。現場主導で何かやれることはないかと考えるしかない」。そうなのだ。現場主導のDXはトランスフォーメーション(変革)という言葉を使っているが、要するに「デジタルカイゼン」にすぎない。

 極言暴論で何度も言及している通り、日本企業が世界に誇るカイゼン活動は、日本企業を駄目にした元凶と言ってよい。経営者は「我が社の強みは現場力」などと言って、本来なら経営が取り組むべき変革なり改革なりを怠り、現場の創意工夫に依存して業績の改善を図る。現場への丸投げ状態なので、カイゼン活動によって部分最適の業務プロセスが増殖する。このカイゼン活動のデジタル版がデジタルカイゼン、つまり現場主導のDXなるものの正体だ。

関連記事 DXとは似て非なる「デジタルカイゼン」、その愚かさが日本企業の息の根止める

 そんな訳なので、企業がIT部門や新設のデジタル推進組織にどんなに優秀な技術者を中途採用しようが(現実にはほぼ不可能だが)、事業部門でどんなにIT人材を育成しようが、現場主導のDXという美しい呼び名の下に、デジタルカイゼンがはびこっているようでは話にならないのである。現場では、なんちゃってアジャイル開発やアカン・ローコード開発による「とりあえずつくってみた」システムだらけとなる。で、「我が社のDXは順調で、システム内製力もついた」などと評価していたとすれば、本当におめでたい。

 ところで、これって何かに似ていないか。そう、エンドユーザーコンピューティング(EUC)の「悪夢」の再来だ。「オフィスのIT化」「パソコンは1人1台」などと騒いでいた時代には、事業部門の人のITスキルアップが叫ばれ、Excelマクロの使い手は称賛された。まるで今とそっくりではないか。IT化の時代のEUCという「惨劇」が、デジタル化の時代でも繰り返されようとしているわけだ。

次ページ 日本企業には2種類の人材が足りない