2021年6月発売の『早く絶版になってほしい #駄言辞典』(日経BP)。ジェンダーにまつわるステレオタイプから生まれる400を超える「駄言」を、エピソードとともに紹介している本書を、京都大学レジリエンス実践ユニット特任教授・京都大学名誉教授の鎌田浩毅さんはどう読んだのでしょうか。

人類が生き延びるために、能力がある人が表に出なければいけない

「日本がさまざまな場面で起死回生のブレークスルーをしなければいけない今、『女だから』『男だから』と言っている場合ではない」(鎌田さん)
「日本がさまざまな場面で起死回生のブレークスルーをしなければいけない今、『女だから』『男だから』と言っている場合ではない」(鎌田さん)
[画像のクリックで拡大表示]

 『#駄言辞典』、すごくいい本ですね。今、女性の社会進出の重要性が言われていますが、実際には「ガラスの天井」があります

 新型コロナウイルスの感染を引き金に、世界は行き詰まっています。このような時代だからこそ、若い人に主導権を握らせなくてはいけないし、性別による区別は完全になくさなくてはいけません。この本に何度も書かれている通り、性別による能力差はありません。たまたま性差があるだけであって、その差を理由に、何らかの制限を設けることは根本的に間違っているわけです。

 資源と場所と時間が限られている中で、人類が生き延びていくためには、性別にかかわらず、能力のある人が表に出なければいけない。これが非常に基本的な考え方です。

 僕の専門である地球科学の面から言えば、今は「大地変動の時代」に突入していて、2030年代に南海トラフ巨大地震が来る可能性が高まっています。それに首都直下地震だって、いつ起きてもおかしくありません。南海トラフ大地震の影響を受けて、富士山の噴火も起きるでしょう。この3つの大きな問題を抱えている日本は、他国に比べても大変な状況にあるのです。地盤は変動し、経済は下降線をたどるばかり。少子化にも歯止めが掛かりません。さまざまな場面で、起死回生のブレークスルーが求められている。こうした状況下で、この本は非常によい提言をしていると思います。

「日本を変えなければいけない」という必要性を本気で感じているか?

 今回の自民党の総裁選でも男性が勝ちましたが、日本におけるジェンダーギャップ解消の動きがなかなか本格化しないのは、社会がその必要性を本気で感じていないからです。僕は地震、火山、気象災害という視点から、「今の日本を変えなければいけない」という必要性を切実に感じている。とにかく優秀な人の発想で新しい技術を開発しなければいけない。もう「女だから」とか「男だから」とか言っている場合ではないんです。

 本を読んで、一番、胸に響いたのは、やはり次に挙げる学問分野に関する駄言でした。


【書籍情報】
ジェンダーにまつわる
アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)による
1200もの「駄言」が教えてくれたものとは?


早く絶版になってほしい
『#駄言辞典』

編集:日経xwoman
発行:日経BP
定価:1540円(10%税込)
 Amazonで購入する

【目次】
・駄言とは?
・まえがき
・第1章…実際にあった「駄言」リスト
 女性らしさ/キャリア・仕事能力
 生活能力・家事/子育て
 恋愛・結婚/男性らしさ
・第2章…なぜ「駄言」が生まれるか
 スプツニ子!/出口治明/及川美紀
 杉山文野/野田聖子/青野慶久
・第3章…「駄言」にどう立ち向かえばいいのか
・あとがき

続きを読む 2/3 成績トップ層に女性の学生はいる

この記事はシリーズ「職場で、家庭で聞いた。言われた。心をくじく駄言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。