2021年6月発売の『早く絶版になってほしい #駄言辞典』(日経BP)。この本で参考文献として紹介した『女性差別はどう作られてきたか』(集英社)の著者、北海学園大学名誉教授で政治学者の中村敏子さんに、日本に伝統的にあった「家」と明治政府がつくった「家制度」の違いや、それ以後、日本で性別役割分業がどのように形成、維持されてきたのかを聞きました。
中村敏子(なかむら・としこ)
中村敏子(なかむら・としこ) 1952年生まれ。政治学者、法学博士。北海学園大学名誉教授。75年、東京大学法学部卒業。東京都職員を経て、88年北海道大学法学研究科博士後期課程単位取得退学。主な著書に『福沢諭吉 文明と社会構想』(創文社)、『トマス・ホッブズの母権論――国家の権力 家族の権力』(法政大学出版局)、『女性差別はどう作られてきたか』(集英社)があり、訳書に『社会契約と性契約――近代国家はいかに成立したのか』(岩波書店)がある。

日本の伝統的な「家」では、夫婦はほぼ平等な立場で協働していた

中村敏子さん(以下、中村さん) 「家制度」は1898年(明治31年)民法によってつくられましたが、ここで第一に注意すべきは、「家」と「家制度」は違うということです。日本には「家制度」がつくられる前から「家」という組織がありました。

 今ある議論の混乱の背景の一つは、日本において平安時代ぐらいからある「家」と、明治政府のもとで民法によってつくられた「家制度」を、同じもの、かつ、連続しているものだと考えてしまうことです。

 では、「家」とは何でしょうか。

 「家」を一言でいえば「生活するための集団」です。家族を中心にして、使用人なども含め、生活を成り立たせるために皆で働いていく組織です。今の中小企業みたいなかたちだと思えば分かりやすいでしょう。共に働き、生活し、それを次世代につなげていくというのが、家の重要な目的だったわけです。

 このようにして皆で一緒に働く状況の中で、夫婦関係はどうあったかというと、いわば社長と副社長のように、両者が家のために協働する関係でした。つまり、抑圧的な関係ではなかったわけです。夫婦の立場の高さに少しは差があったかもしれませんが、夫の役割、妻の役割は分かれていて、それぞれがしっかり働かなければ家全体が成り立たなかった。これが日本の伝統的な「家」の姿です。


【書籍情報】
ジェンダーにまつわる
アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)による
1200もの「駄言」が教えてくれたものとは?


早く絶版になってほしい
『#駄言辞典』

編集:日経xwoman
発行:日経BP
定価:1540円(10%税込)
 Amazonで購入する

【目次】
・駄言とは?
・まえがき
・第1章…実際にあった「駄言」リスト
 女性らしさ/キャリア・仕事能力
 生活能力・家事/子育て
 恋愛・結婚/男性らしさ
・第2章…なぜ「駄言」が生まれるか
 スプツニ子!/出口治明/及川美紀
 杉山文野/野田聖子/青野慶久
・第3章…「駄言」にどう立ち向かえばいいのか
・あとがき

続きを読む 2/4 「家」に中国と西洋の考え方をかぶせた

この記事はシリーズ「職場で、家庭で聞いた。言われた。心をくじく駄言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。