2021年6月発売の『早く絶版になってほしい #駄言辞典』(日経BP)。ジェンダーにまつわるステレオタイプから生まれる400を超える「駄言」を、エピソードとともに掲載している本書から、駄言の実例とその駄言を生んでいる背景の分析を公開。第16回では「子育て」に関する駄言「その3」を紹介します。

「母親なら手抜きするな」

ツイッターへの投稿で話題を集めた「ポテトサラダ事件」も記憶に新しい
ツイッターへの投稿で話題を集めた「ポテトサラダ事件」も記憶に新しい
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年7月、「子連れのお母さんがスーパーで総菜のポテトサラダを手に取っていたところ、たまたま通りかかった男性客から『母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ』と言われているのを見た」というツイートが話題になりました。ここでもいくつかの価値観の押しつけを見て取ることができます。「料理は母親の役目だ」「子どもが口に入れるものは母親が手作りすべきだ」……という社会的プレッシャーが、母親一人の肩にかかる場面が多いのです。

 現実を見れば、今は味も栄養バランスも良い総菜が簡単に手に入る時代。「市販のお総菜もうまく取り入れて、その分、家族でゆっくり食事を楽しみましょう」と呼びかけるぐらいがちょうどいいのかもしれません。

 今回集まった駄言の中で多かったものの一つに、「母乳?」という言葉もありました。「母親は子どもを母乳で育てるべきだ」という「母乳神話」に基づき、「もちろん母乳で育てているよね」と聞かれることがあるのだそうです。親戚だけでなく、街中で初対面の人から聞かれることも少なくないとか。

 今はお湯で溶かす必要のない、液体ミルクという便利な商品も発売されている時代です。母乳であれミルクであれ、何より大事なのは、たっぷりの愛情を注ぐことです。

 また「(子どもを)保育園に行かせるの、かわいそう」という駄言も複数ありました。共働き世帯の増加に伴い、保育園や幼稚園に預けたり、延長保育を利用したりする世帯は増えます。子どもは親だけではなく、さまざまな人たちが関わって育てていくものです。


【書籍情報】
ジェンダーにまつわる
アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)による
1200もの「駄言」が教えてくれたものとは?


早く絶版になってほしい
『#駄言辞典』

編集:日経xwoman
発行:日経BP
定価:1540円(10%税込)
 Amazonで購入する

【目次】
・駄言とは?
・まえがき
・第1章…実際にあった「駄言」リスト
 女性らしさ/キャリア・仕事能力
 生活能力・家事/子育て
 恋愛・結婚/男性らしさ
・第2章…なぜ「駄言」が生まれるか
 スプツニ子!/出口治明/及川美紀
 杉山文野/野田聖子/青野慶久
・第3章…「駄言」にどう立ち向かえばいいのか
・あとがき

続きを読む 2/2 「ポテトサラダぐらい自分で作れ」

この記事はシリーズ「職場で、家庭で聞いた。言われた。心をくじく駄言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。