2021年6月発売の『早く絶版になってほしい #駄言辞典』(日経BP)。ジェンダーにまつわるステレオタイプから生まれる400を超える「駄言」を、エピソードとともに掲載している本書から、駄言の実例とその駄言を生んでいる背景の分析を公開。第14回では「子育て」に関する駄言「その1」を紹介します。

「ママなのに育休取らないの?」

「育児を主体的に担う人=母親」という決めつけはもうやめにしよう
「育児を主体的に担う人=母親」という決めつけはもうやめにしよう
[画像のクリックで拡大表示]

 厚生労働省「令和元年度雇用均等基本調査」によると、女性の育児休業(育休)取得率は2019年で83%です。母親だからといって必ず育休を取得するわけではありません。父親が育休を取得する場合もあれば、育休を取得せずに仕事を続ける場合もあります。子育てのやり方にも多様性が認められるべきで、「育児を主体的に担う人=母親」という決めつけはもうやめにしましょう

 『#駄言辞典』を作るに当たってウェブ上フォーマットとツイッターで駄言を募集したところ、子どものいる女性が飲み会に参加したり、夜や休日に出勤したりすると「お子さんはパパが見ているんですか? いいパパですね!」と言われるというケースが複数寄せられました。「パパに子どもを預ける」も、よく使われる駄言です。二人の子なのに「パパに預ける」というのはおかしい話。ママのほうが日ごろから主体的に育児に関わっているという前提があるからこそ生まれてしまうセリフです。

 「やっぱりママが一番だよね」も、子どもの「ママ大好き」な気持ちを表すポジティブなフレーズに聞こえますが、実は問題のある発言です。パパが子どもの前で言って、育児をママに押し付けるときにも使える一言だからです。また、家族の内実を知らない第三者が無責任に使うことで、言われた家族を不用意に傷つけてしまう可能性もあります。

 「お母さんは3歳になるまでは子どもと一緒にいたほうがいい」という「3歳児神話」も、専門家によって否定されている駄言です。『厚生白書(平成10年版)』(厚生労働省)の第1編・第1部・第2章にも、「三歳児神話には、少なくとも合理的な根拠は認められない」と明記されています。

 にもかかわらず、まだ3歳児神話をひきずっている人は数多くいるようです。2013年、当時の安倍政権が、子が3歳になるまで育休を取得できるようにするという指針を出した際の「3年間、赤ちゃん抱っこし放題」という発言にも、そうした背景があったのでしょう。

 パートナーとの家事・育児の分担はカップル二人だけの問題にとどまりません。社会の無理解や不勉強が、実態の改善を阻んでいるという見方もできます。逆に言えば、周り(社会や身近な人たち)がカップルに対して有効な情報やメッセージを発信し続けることで、家事・育児における性別役割分業は変えられる可能性もあるのです。


【書籍情報】
ジェンダーにまつわる
アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)による
1200もの「駄言」が教えてくれたものとは?


早く絶版になってほしい
『#駄言辞典』

編集:日経xwoman
発行:日経BP
定価:1540円(10%税込)
 Amazonで購入する

【目次】
・駄言とは?
・まえがき
・第1章…実際にあった「駄言」リスト
 女性らしさ/キャリア・仕事能力
 生活能力・家事/子育て
 恋愛・結婚/男性らしさ
・第2章…なぜ「駄言」が生まれるか
 スプツニ子!/出口治明/及川美紀
 杉山文野/野田聖子/青野慶久
・第3章…「駄言」にどう立ち向かえばいいのか
・あとがき

続きを読む 2/3 「赤ちゃんはママがいい」

この記事はシリーズ「職場で、家庭で聞いた。言われた。心をくじく駄言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。