2021年6月10日発売の『早く絶版になってほしい #駄言辞典』(以後、『#駄言辞典』)。ジェンダーにまつわるステレオタイプから生まれる400を超える「駄言」を、エピソードとともに紹介している本書を、ジャーナリストの治部れんげさんはどう読んだのでしょうか。

まだこんなことを言っている人がいるのか

 『#駄言辞典』を電車内で読み始めたのですが、あまりに腹が立ち、いったん読むのを止めて家に帰ってから読み直しました。一つひとつの駄言の内容もすごいですが、たくさん集まることでさらに破壊力が増しますね。全編にわたり、読み応えがありましたが、特に会社の中で言われている駄言を読むと、「まだこんなことを言っている人がいるのか」とあぜんとしてしまいました。こんなことを続けているから、日本のジェンダーギャップ指数が120位にとどまっているのでしょう。

 駄言が生まれる構造を説明すると、問題点が2つ挙げられると思います。まずは、本書でも述べられている通り、「無意識のバイアス(偏見)」です。でも、それだけではないのです。もう1つ、見逃してはならないのは「上位者によるハラスメント」という視点です。

駄言を生む原因は「アンコンシャスバイアス」と「上位者によるハラスメント」であると、治部れんげさんは指摘する
駄言を生む原因は「アンコンシャスバイアス」と「上位者によるハラスメント」であると、治部れんげさんは指摘する
[画像のクリックで拡大表示]

【書籍情報】
ジェンダーにまつわる
アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)による
1200もの「駄言」が教えてくれたものとは?


早く絶版になってほしい
『#駄言辞典』

編集:日経xwoman
発行:日経BP
定価:1540円(10%税込)
 Amazonで購入する

【目次】
・駄言とは?
・まえがき
・第1章…実際にあった「駄言」リスト
 女性らしさ/キャリア・仕事能力
 生活能力・家事/子育て
 恋愛・結婚/男性らしさ
・第2章…なぜ「駄言」が生まれるか
 スプツニ子!/出口治明/及川美紀
 杉山文野/野田聖子/青野慶久
・第3章…「駄言」にどう立ち向かえばいいのか
・あとがき

続きを読む 2/4 弱者に対する、言葉による攻撃

この記事はシリーズ「職場で、家庭で聞いた。言われた。心をくじく駄言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。