10年単位での変革の積み重ねで、2021年3月期に純利益1兆円超えを果たしたソニーグループ。1990年代に経営トップとしてデジタル変革に挑んだのが出井伸之氏だ。「現在の経営についてコメントしない」と前置きしつつ、ソニーの本質について語り始めた。

<span class="fontBold">出井伸之(いでい・のぶゆき)氏</span><br> クオンタムリープ会長・ファウンダー。1937年生まれ。60年早稲田大学を卒業後、ソニー入社。95年社長就任。会長兼CEO(最高経営責任者)などを歴任し、10年にわたり経営トップを務める。2006年にクオンタムリープ設立。(写真:北山宏一)
出井伸之(いでい・のぶゆき)氏
クオンタムリープ会長・ファウンダー。1937年生まれ。60年早稲田大学を卒業後、ソニー入社。95年社長就任。会長兼CEO(最高経営責任者)などを歴任し、10年にわたり経営トップを務める。2006年にクオンタムリープ設立。(写真:北山宏一)

出井伸之氏(以下出井氏):前から言っていますが、今のソニーの経営についてはコメントしないって決めている。責任のない自由な立場でOBが発言するのは好きじゃないからね。ただ、ソニーの本質について語るのは問題ないと思っている。今日は何から話せばいいかな。

まずは、2021年3月期にソニーグループが初の純利益1兆円超えを果たしたことについて、どう感じていますか。

出井氏:どうも思わないね。1兆円という数字に何か意味はあるのかな?

株式市場を含めて、1つの節目と考えている人は多そうです。

出井氏:でも、節目っていつかは訪れるものでしょ。別に1兆円でなくてもいい。今の経営陣は、達成感とか節目とかを感じていないはずだ。おそらく吉田さん(現会長兼社長CEO=最高経営責任者の吉田憲一郎氏)が聞いたら、笑っちゃうんじゃないかな。数字はあくまでも周りが評価することだ。

変革しなければモノ作り企業のままだった

ソニーはかつてのエレクトロニクスの会社から、数字上はエンターテインメントの会社に生まれ変わりました。

出井氏:ソニーが最終的にどういう姿になるのかは分からない。ただ1つ言えるのは、変わり続けるしかないということだ。「非連続の変革」を続けてきたことがソニーという企業の本質だろう。

過去を振り返っても、非連続な変革をしてきたと。

出井氏:そう。でなければ、ソニーはモノ作りの会社で終わっていたはずだ。ソニーのこれまでの成長は、様々な事業の貢献によるものだ。現在は社会が加速度的に変化しているが、ソニーが時代の変化を敏感に捉えてきたのは間違いないだろう。

続きを読む 2/3 業績拡大で危機意識が薄く

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1820文字 / 全文2996文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「あなたの知らないソニー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。