劇場版の興行収入が日本国内だけでも400億円を超えたアニメ「鬼滅の刃」。アニメ制作に加え、主題歌なども手掛けたソニーグループ(ソニーG)には大きな収益がもたらされた。ただしソニーGのエンタメ事業全体で見れば、「鬼滅」効果はさほど大きくない。2021年3月期のゲームと音楽、映画などエンタメ部門の売上高は単純合算で4兆3000億円を超え、営業利益も6000億円に達している。なぜ、ソニーGはエンタメで稼げるのか。

お笑い芸人、狩野英孝さんのゲーム実況動画が人気を博している(写真:的野弘路)

 「あれ、見失った」「どこ行った?」「やばいやばい」。CyberZ(東京・渋谷)の動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」のスタジオで6月中旬、お笑い芸人の狩野英孝さんがゲームのプレー風景を「実況中継」していた。手に持つのは「プレイステーション(PS)4」のコントローラー。本人は意識していないだろうが、実は狩野さん、ソニーのゲーム事業の急成長を支える陰の立役者の1人なのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2333文字 / 全文2747文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「あなたの知らないソニー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。