コロナ禍で日本に旅行できなくても、日本のエンタメグッズは海外で着実に売れている
コロナ禍で日本に旅行できなくても、日本のエンタメグッズは海外で着実に売れている

 トレーディングカードが数千万円で取引され、コミック『鬼滅の刃』全23巻のまとめ買いが引きも切らず続く。人気VTuber(バーチャルユーチューバー)グループ「ホロライブ」の限定グッズに注文が殺到した。

 これは日本の話ではない。2021年上半期、海外で起きたトレンドだ。新型コロナウイルスの感染拡大により、インバウンド(訪日外国人)消費は蒸発した。しかし、日本を訪れることができなくても、日本の商品を入手できるルートは開かれている。

 それが越境EC(電子商取引)というサービスだ。国内最大手「Buyee(バイイー)」の流通総額(21年1~3月期)は前年同期比45.6%増の77億1600万円と四半期として過去最高を更新した。

「推し活」が世界へ

 Buyeeは、ヤフオク!やYahoo!ショッピング、メルカリ、楽天市場、ラクマ、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)など日本国内の主要ECサイトと連携し、そこに出品されている商品を、海外にいながらにして購入できるサービスだ。海外から注文が入ったら、Buyeeが代理で購入。日本の出品者はBuyeeの国内拠点に商品を発送するだけでよく、あとはBuyeeが検品し、海外への配送までを一手に引き受ける。

Buyeeは、ヤフオク!やメルカリ、ZOZOTOWNなど日本国内の主要ECサイトの商品を代理購入してくれるサービスだ
Buyeeは、ヤフオク!やメルカリ、ZOZOTOWNなど日本国内の主要ECサイトの商品を代理購入してくれるサービスだ
[画像のクリックで拡大表示]

 配送先として目下、最も伸びているのが、米国である。特に利用者が多いのは、20代の男女。「日本のゲームが大好き」と語る米国在住の25歳の女性はBuyeeで約80回購入し、累計15万円以上を費やした。フェイスブックのゲームグループに参加しており、そこで情報を収集しているという。

 コロナ禍でステイホームを強いられた結果、日本のエンタメコンテンツに接する時間が増えた。それが流通総額を押し上げている。「新型コロナをきっかけに、世界のオタク化が進んだ」と分析するのは、Buyeeの運営企業を傘下に持つBEENOS(ビーノス)の直井聖太社長兼グループCEO(最高経営責任者)だ。好きなアイドルやキャラクターなどを応援する日本の「推し活」文化が、越境ECを通じて、世界に広がり始めている。

続きを読む 2/4 ヒットまでの“時差”が縮まる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2211文字 / 全文3461文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「酒井大輔のトレンドストーリー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。