1樽、1600万ポンド(約26億円)で売却された「アードベッグ カスク No.3」
1樽、1600万ポンド(約26億円)で売却された「アードベッグ カスク No.3」

 「アードベッグ」というブランドのウイスキーをこよなく愛するファンのことを、愛好家たちは「アードベギャン」と呼ぶ。

 淡路島ほどの面積に9つの蒸留所が点在する、英北部スコットランドのアイラ島。アードベッグは「スコッチウイスキーの聖地」として名高いこの島で1815年、産声を上げた。

 大西洋の潮風がしみ込んだピート(泥炭)を炊き込んだモルト(大麦麦芽)のみを原料とし、口に含むと煙を飲み込んだかのような強烈な「ピート香」が鼻を抜ける。

 世界で最もピーティーなシングルモルトと評されるゆえんだが、ただ煙たいだけではない。フルーティーな甘みもほのかに感じられる。煙たくて甘い――。「ピーティーパラドックス」とも形容される、その癖のある味わいがリピーターを生み、世界中でカルト的な人気を博しているのだ。

「唯一無二のウイスキー」

 その人気を象徴する出来事があった。

 1975年11月に樽(たる)詰めされた「アードベッグ カスク No.3」がこのほど、1600万ポンドで売却されたのだ。日本円にして約26億円。購入したのは、アジア在住の女性コレクターだという。

 カスクとは熟成用の木樽のこと。アードベッグを樽ごと購入したこの女性の元には、今後5年かけて瓶に移したアードベッグが計440本届けられる予定だ。最後の1本が出荷されるまで、カスク内で熟成は続く。最終年に届くアードベッグは50年熟成となり、味わいの複雑さ、深みが増した究極の逸品になる。

 1600万ポンドで瓶が440本。1本当たりに換算すると、約3万6000ポンド(約600万円)となる。ウイスキーとしては桁外れの値がついたのは、なぜなのか。

 「単に古いだけではない。唯一無二のウイスキーだからだ」と語るのは、アードベッグ蒸留所のオーナー、ザ・グレンモーレンジィ・カンパニーのトマ・モラプール社長兼CEO(最高経営責任者)だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2294文字 / 全文3104文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「酒井大輔のトレンドストーリー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。